お問い合わせ 
 
           

旅の楽しみ〜美味なもの等々

旅の楽しみは何といっても食べ物でしょう!現地で土地の美味しいものを食べる、これが一番!!

 

博多駅に着いたのはちょうど昼時。まずラーメンを。

豚骨の白濁スープなのにあっさり。細めの麺はゆで加減をオーダーできる。替え玉Ok、紅しょうがを入れる、などと”にわか通?”ぶって完食。

 

美味しそ~!って、すぐ食べてしまうから、写真の撮り忘れが多い。

 

生サバ、牡蠣、魚介が美味しい。

餃子や明太卵焼きや明太イワシも忘れてはいない。

水炊きは、しめのぞうすい迄おいしく頂く。

心残りなのは「イカの活造り」が食べられなかったこと。3日間、複数当たった店舗にイカはなし。透き通る新鮮なヤリイカの写真を恨めしく眺める。不漁か時間帯か?残念!!

梅が枝餅は、売店2階の喫茶で。ギャラリー風の店内は雰囲気がステキ。

おうすと抹茶ラテをすすりながら、疲れを癒そうとゆったり時間を過ごす。

 

楽しい思い出とともに福岡とサヨナラ!

出発前、当地出身の友達に旅の話をした。すると早速九州の友達ネットワークでお得情報を教えてくれた。

おかげで、穴場的なレア情報?をも仕込んで過ごせた旅になった。

彼女とお友達に感謝。九州っていいなぁ〜!!

 

 


黒田藩の足跡〜城跡めぐり

黒田五十二万石のお城・福岡城に行ってみよう!

 

最終日はまず地下鉄で大濠公園駅へ。広大な城址公園、堀に沿って歩く。

 

あっ!陸上競技場がある。

そう、福岡マラソンのゴールになっている平和台陸上競技場に続く道に出た。

「この坂を登ったところ、ゴールがすぐそこに見えます!」実況アナウンサーが熱唱している場所だ!!目の前にランナーの姿が浮かぶ。

 

 

福岡城は平山城で、大中小の天主台と50もの櫓があったといわれる。史跡は別名「舞鶴城」と呼ばれているとか。

広大な城跡を散策、かなりハードだ。石畳や石垣の美しさに感動するが、駿府城公園でこんな風に石垣を眺めたことがあったかしら?

展望台になっている天守台跡に登れば、眼下に市街を見下ろす。

ヤフオクドームや空港を離発着する飛行機の姿が近い。黒田のお殿様はどう見るだろうか?

旅も帰路に近づく頃、行きたい、見たい場所が多く残ることを残念に思う。金印の本物も見逃してしまった、太宰府にも心残りが多い。もっと歩き回りたい!けど脚は悲鳴を上げている・・・。

 

またいつか、きっとね!!

美味しいお弁当を買って新幹線の乗客となった。 


雨の天満宮〜続

降り続く雨、どうしようか。参拝してから向かったのはまず宝物殿。

「応天の門」(灰原薬・新潮社)の展示が開催中で、なんか楽しい。

時は平安。恋多き美男、京随一の歌人として知られる在原業平と、学問の天才・菅原道真が織りなすストーリー。

多くの若者に読まれているという漫画だ。実は私は全く知らなかったが、帰宅後、知人から借りて一気に10巻まで読みふけってしまった。(後日談)


常設の展示品も、貴重な資料ばかりだ。

雨に濡れないところは、と九州国立博物館へ。

何と天満宮からエスカレーターでつながっているではないか。売店のお姉さんに教えてもらい、楽々山の上の博物館へ。

さすが国立!スケールが違う、設備にしっかりと予算が使われている!なんて感心する。

でも展示物もさすが!

東京、京都、奈良に次いで4番目にできた博物館は、時間を忘れて見入ってしまう。倭の国の「金印」の本物は福岡市博物館にあるという、明日行ってみようかナ! 閉館のアナウンスに追われるように後にしたが、ちょっと嬉しい見学だった。

天満宮に戻るころ、雨も上がって観光客もまばら。

灯りが入った本殿はより厳かな印象だ。

天候に左右されて行動は制限されたが、古代史が息づく古都・大宰府(一部だけど)を十分味わうことができた。

雨のためか、特に混雑していた有名建築家デザインのカフェ。遅い時間だったから、ここでもゆったりとお茶することができた。
 

 


太宰府~雨の天満宮

2日目、残念なことに予報は雨。

案の定、太宰府駅についたころポツリポツリと降りだした。

さすが観光地、雨だからといって客足は途切れない。

そういう我らもその一群。

この地に左遷させられた菅原道真公を慕って飛来した、と伝えられる”飛梅”が本殿前に枝を広げている。

「これはこれ 菅公が愛でたまいし 紅梅殿の梅の精にて 候・・・」

かなり若い頃に踊った「飛梅の賦」の歌詞が頭をよぎる。

 

「東風ふかば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ」

この和歌のほうがはるかに有名だが、先の”飛梅の話”が印象深く心に残っている。

 

太宰府天満宮は、菅原道真の墓所の上に建てられた神社だという。

道真公の遺骸を牛車に乗せて進んだとき、牛が動かなくなった場所がこの地で、墓所としたといわれている。

言わずもがな、学問の神様として崇められている。

各地にある天満宮は、この時期受験生の心のよりどころになっている?

 

ところで境内には幹が太く、枝を天に向かって大きく広げている樹木がなんと多いことに気が付く。

根上りの樹木や、曲がりくねって橋の一部を覆うように伸びている巨木も多い。

天満宮にとって切っても切れない”牛”はいろんなところにいる。参拝者があやかりたい気持ちで撫でている?ためか、鼻先も背中もピカピカに磨かれている?

皆がなでるから私もなでとこぅ、気持ちは同じだ・・・。

珍獣の麒麟、鷽替えのお祭りのうそ、珍しい像も興味深い。

 



 


 


博多にやって来た~ちょっと遠い!

東海道と九州新幹線を乗り継いで博多にやってきた。

静岡富士山空港には、福岡空港まで直行便もあるのに、あえて新幹線。九州新幹線とジパングの割引が魅力、何より早朝が苦手故に近場のJRが便利。

旅はチョット前になる。駅や周辺のイルミネーションがとってもきれいな時期だ。

「博多祇園山笠」が展示されている櫛田神社へお詣り。

聖一国師の縁で、おまつりには静岡から”水”が運ばれるとか。

豪華絢爛な山笠が数年前静岡にきた。一致団結!して引く勇壮な山笠に、博多っ子の心意気を見た記憶がよみがえる。

境内にはイチョウの大木が多く、まだ葉を持つのもある。

なぜに?「櫛田の銀杏」と呼ばれて御神木だとか、納得。

 

アート的要素を感じる博多塀が美しい。

 

精力的に歩く。

川端商店街を行き、伝統工芸館で博多の伝統に触れ、博多座も位置確認した。工芸館では博多人形の職人さんと話し込み、いろんな博多情報をゲットできた。

ところで、「黒田武士」の博多人形について一言。

民謡黒田節の歌詞通り、朱の大杯を脇に抱え、槍を持ってポーズを決める人形!が私のイメージする博多人形。ところが、Y1はひな人形かおぼこのイメージしか知らない、黒田武士は見たこともない!と言い張る。

専門店を覗いてもその姿はない。生活の中に博多人形を見なくなっているのも原因のひとつか?

「黒田節」を踊るとき、人形の解説に??と反応する生徒は現実だった。

 

先の工芸館の展示でも、歌舞伎人形が主だった。

 

 

 


 


| 1/123PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net