お問い合わせ 
 
           

琉球獅子の迫力!に感激!

台風の影響が心配された24日。当地は直接の影響は少なかったが、雨が一日中降ったりやんだり、落ち着かない気象だった。

 

そんな中、菩提寺である帝釈寺のお祭りが行われた。

法要後のコンサートは、琉神によるエイサーが披露された。

まず、琉球太鼓の前に迫力満点!の獅子が登場。

 

白い長い毛?を持つ琉球獅子舞は、アクロバティックな動きで観客を沸かせてくれた。

走り寄ってきて、大きく開けた口で頭を挟む?獅子に頭をかまれるといいことがある…、というのは同じ動作か。

 

琉神の演技は、雨の影響で本堂を舞台に行われた。目の前で踊り狂う迫力を感じ、得難い体験をした。

花火の打ちあがるころになると、奇跡的?に雨が止み、ま〜るい月が輝いて見える状態になった。

次は境内の特設舞台で、演芸が再開される。

実はここで踊るためにやってきたのだ。

雨の心配もない、観客もいっぱい!

楽しく踊ってお祭りの宵は終えた。

 

祭(まつり)とは仏様・神様・ご先祖様との”間を釣り合わせる”行事(法要)です。

住職さんは語っていた。

なるほど…、深いですね…。


 


夜店市〜2018

酷暑が続く2018年の夏。

「夏の夜の おまちはわくわく」というキャッチコピーで、静岡の商店街は賑わっている。

どこから集まって…?と思うほどの人。地方都市ながら、イベントの大きさを感じる。

 

夕涼み!なんて言ってられない暑さゆえか、浴衣を着ている人が意外と少ない。

先月末の花火大会(これもビッグイベント)が、台風の影響で延期になった。

浴衣を着るチャンスがなくなってしまったから、夜店市で着てみよう!! と、ならないのかなぁ。

ちょっぴり残念だ、おばさんはつぶやく・・・。

”姉さま人形”は当地の郷土玩具? 

モチーフにした灯籠が並ぶ。

これは圧巻! 一見の価値あり!

 

「第56回 静岡夏まつり 夜店市」はきょう12日(日)まで。

呉服町、七間町商店街を中心に開催される。

時間は15:00〜21:00。


清水の七夕とまるちゃん音頭

降り続く記録的な大雨によって、大規模な土砂崩れや河川の氾濫など、各地で大きな災害が起きている。

増え続ける被害は、まだ全貌が把握できないほどに深刻な状況だという。

改めて被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

そして、懸命に救助活動に当たられている方々の姿は、本当に頭が下がる思いだ。

千葉県では震度5弱の地震も起きた。

どうぞ、各人がそれぞれの命を守って生活することの大切さを、改めて確認したい。

 

 

7月7日、七夕の笹飾りにはいろんな願いが込められていることだろう。清水の商店街を飾る七夕の飾りは、みんなの願い事を載せて風に揺れている。

「まるちゃんの静岡音頭コンテスト2018」は、この会場で開催されるイベントだ。

教室生5人が、いざ!挑戦!!

 

浴衣を着て踊るから「ビューティフルパフォーマンス賞」がいいね、なんて気持ちだけは前向きに。

入賞は逃したけど、みんな楽しかった!と素敵な笑顔で踊ってくれた。

 

言い出しっぺのkちゃんは、来年も出たい〜!と叫んでいる。

終了後にちびまる子ちゃんたちと記念撮影。

このご褒美が一番うれしい。これもKちゃんの感想??


「まるちゃんの静岡音頭」コンテスト

清水の七夕まつり、子供が小さかったころは出かけた記憶のあるお祭り。だが、近年はニュースで開催を知るくらいだった。

2018年、第66回の「清水七夕まつり」は7月5日(木)〜8日(日)に清水駅前銀座、清水銀座商店街周辺を会場に開催される。

 

 

小学6年生になるKちゃん。踊りが大好きで、とても熱心にお稽古する生徒だ。

「私、まるちゃんの静岡音頭のコンテストに出たいんです!!」と訴えてきた。

5人以上が参加条件、その上締め切りが迫っている。

 

7月7日(土)16:00〜18:00 

「まるちゃんの静岡音頭コンテスト 2018 in 清水七夕まつり」は清水銀座商店街のステージで繰り広げられるイベントだ。

商店街は、七夕の大きな竹飾りが風に揺れるにぎやかな会場だ。そのメインステージで踊る。

 

人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんが作詞した「まるちゃんの静岡音頭」

清水出身の彼女の詞は、清水は散りばめられているが、旧静岡市民にはちょっと不満…?の声も聞く。

でも、とっても楽しい曲には違いない。

 

 

Kちゃんのためにも、是非参加しようじゃあないか!

声をかけて数は確保できた・・・、ちょっと苦労したけど?

 

声優TARAKOさんが審査委員だって、と声優目当ての人、予定をやりくりしての人、保護者役を買ってくれた人、などなど。

Kちゃんは、何とまるちゃんと誕生日が同じだという。

意気込みと踊ることは、みんな負けない自信?がある。

 

「FA+まつり隊」のチーム名でコンテストに挑む。

七夕まつりに出かけたら、ちょっとコンテストの会場を覗いてみて!

みんなが楽しく踊っている姿を、是非応援して!!


静岡の4月は、まつりでスタート

4月のはじめから、静岡の町中はお祭り気分一色になる。

社会は新年度、この忙しい時にそんな場合じゃあない!ってなことを言われ続けてきた??歳時記だ。

静岡市の中心に位置する由緒ある神社・静岡浅間神社。そのお祭りが「廿日会祭(はつかえさい)」で4月1日〜5日にある。

このお祭りに呼応して始まったのが「静岡まつり」だ。

こちらは4月初めの土、日曜日に開催される。

今年の静岡まつりは3月31日〜4月1日で、すでに終わっている。

双方とも4月初めに繰り広げられる行事だが、日程調整なしで開催されるから、同時だったり別日だったり。いろいろ意見はあるようだが・・・変わらず。

 

廿日会祭の最終日は、神社前に山車が勢揃いする。

「番町ねり」に知り合いがいる、地踊りの披露があるからと見に出かけた。しかし観客が少なくて寂しい!!

町内に婦人会という組織がなくなってきているのが現状だ。しかし喜ばしいことに、参加して踊る人たちは少なからずいる。

何基かの山車が揃えば団体になるのに、ばらけてしまうとやはり寂しいかな?と感じる。

手古舞に扮したり、山車に乗って面踊りをするのは子供たちだ。

しかし、木遣りや婦人連はほとんどが高齢者だ。

平日開催の行事は、若者が参加するには酷だ。

後継者不足は、各地のお祭りでも深刻な問題になっていると聞く。

伝統と継続、うまく運べる妙案はないものか?

 

他地区のお祭りに関わった経験から、考えてしまった。
 


日本平梅まつり

いつになく寒い日が続いている。

静岡市街地は雪が降ることはめったになく、風花が舞っただけで子供たちは喜ぶほどだ。

しかし、東京や雪国と呼ばれている地域は”雪害”で大変な状態、生活が脅かされる毎日が続いているとか。大事ないことを切に願う。

   

第21回日本平山頂の梅まつりは2月10,11日の週末に開催される。

イベントに参加して3回目

「藤泉会」は11日(日)の13:00〜30分間、日本舞踊を披露

 

四季折々に表情を変える名勝地「日本平」早春の日本平は富士山の眺めが最高

 

キャッチコピーにあるようにこの時期の富士山は一見の価値がある。

ただ、寒〜いのが難点?でもその空気感が素晴らしい眺望をもたらす!と思ったら、何のその!

梅園に咲く350本の紅梅、白梅を見に、また世界文化遺産の勇壮な富士山を眺めに、是非日本平山頂までおいでください。

そして日舞やヒップホップ、次郎長道中や太鼓、津軽三味線などのイベントを楽しんでほしい!

 

◎日本舞踊「藤泉会」の演舞の紹介◎

1. 竹千代殿どん…静岡まつり・夜桜乱舞の曲、元気が出るような勇壮で楽しい曲にのって踊る

2. 花笠音頭…山形民謡で有名、赤い花のついた笠を持って演舞

3. 梅は咲いたか…日本舞踊らしい端唄の曲、梅まつりにぴったり!と3人で踊る

4. まるちゃんの静岡音頭…さくらももこさん作詞、ピエール瀧さんが歌っている、歌詞に日本平も

5. 河内おとこ節…寒さなんか飛んでいけ〜!とばかりに、元気な歌声に乗ってリズミカルに楽しく

6. 日本平音頭…当地の名を冠したご当地ソング、日舞らしい音頭でフィナーレ

 

着物を着て踊る日本舞踊、その姿はパフォーマンス感満載。

外国の人は着物にあこがれる、らしい。若い女性にもファンは出てきている。そんな着物のよさもぜひ知ってほしいなぁ。

 

と思いながら、このイベントで演舞する「藤泉会」の日本舞踊を見にきてほしい〜〜!!

お願いしま〜〜〜す!!

 


2017年 夜店市

呉服町通りに「静岡夏祭り夜店市」の横断幕がかかる。

11日の祝日から13日(日)までの3日間。商店街は、夏の夜のイベント・夜店市で大賑わいになる。

涼を求めて??ではないな。

掘り出し品や楽しいことを期待して人は繰り出す。

 

あちこちにフードコートが並び、道路上に並べられたテーブルは人でいっぱい。家族連れや

カップルの笑顔があふれている。

 

 

 

 

 

浴衣を着た若者のグループ。とってもカッコイイよ!

それぞれが個性的に、素敵に着こなしている。

これからどこかへ飲みに行こう〜!って相談でもしているのかな?

車いすのお姉さんも浴衣着てうれしそう。

 

スマートボールすくいやヨーヨー釣りに子供たちはハッスルする。

姉さま人形のあんどんが、とてもいい雰囲気を出している。

商店街の老舗雑貨店の店主がこだわって手作りしている、と聞く。

繰り出して夜店市のにぎわいを楽しめたが、一つ残念なことがある。

呉服町タワー前のイベントで、日本舞踊の披露ができなかったことだ。

来年はぜひ復活を果たしたい。


 


 


梅まつり

今年も梅まつりで踊ってきました。

2月12日(日) 週末は寒波が心配され…!という予報ながら、晴天で富士山がくっきりと見える。寒風の影響もさほど感じず、ヒートテックのおかげか?あまり辛くはなくてまずまず。

今回は総勢9人で6曲。30分間を楽しんで踊り終えた。

山頂は、さすが観光地だけあってかなりの人がいる。ありがたいことに、設置された観客用のいすは満席、周りで足を止めて見てくれる人たちも多い。当然踊り手としてはうれしい。

 

日本平ホテルに移動して談笑のひと時を過ごせたのも、親睦が持ててよかったかな!

個人的には、勇壮な富士山の姿が堪能できてサイコ〜の気分だった。

 

2017年、藤泉会最初のイベントは、楽しい思い出とともに終了。

次に向けて、気持ちを切り替えて進もう!!


大道芸〜ナイトパフォーマンス

11月の静岡は大道芸で始まる?というほど盛り上がりを見せるおまつり・大道芸。今年は3日(木)〜6日(日)まで。

ワールドカップを冠にしている大道芸は、静岡市の一大イベントに成長して、本当にたくさんの人が市中に集まってくる。

駅や公園、商店街のいたるところにパフォーマーが出現し、市民クラウンがさらに盛り上げている。

 

ナイトパフォーマンスを見に駿府城公園に出かけてみた。

日中の暖かさはどこへ!寒い!!

 

いたるところに人だかり、開始の30分も前なのに観客は辛抱強く??待っている。

ちょうど見通せるスポットを発見!

私も15分待って、サイコ〜なパフォーマンスを鑑賞できた。

観客を巻き込んだり、リズミカルでコミカルな芸に魅了した、時間や寒さなんて忘れてしまうほど。

 

楽しい気持ちで帰宅途中、ホテルへ帰る?パフォーマーと出会う。

カートを引いていて、営業時間外なんだけど扮装は営業中!

どんな気持ちで移動しているのか?周りは大道芸人としか見ないだろうし…。

 

写真撮っていいですか、と声をかけたら、しっかりポーズをとってくれた。

やっぱり!立派なパフォーマだった。
 


10月のお祭り

10月は、まず藤枝大祭り(9月30日〜10月2日)に参加からスタートした。当地に宿泊して臨んだ、飽波神社の大祭で、若者が躍動する熱気にあふれたお祭りだ。

”まつり好き”を自認するほど、はこれから周囲を巻き込んでいろいろな地区に顔を出す。

 

2週目の8日(土)は駿河区の”天羽衣神社”の例大祭、「羽衣の舞」を奉納する。

残念ながら当日は朝から雨天、予備日の9日(日)に無事開催された。

 

週末に雨天が続き、予報もしっかり傘マーク。8日は避けられない状況だった。

翌日の予備日も、朝起きたら雨が、しかも昨日よりひどい!

みんなの気持ちが通じたか?午後から雨も上がり、無事に開催する事ができた。

 

小学生と7月から練習した成果は、笑顔と充実感が証明してくれた。

よかった、めでたし、めでたし!!

 

3週目、行事は続く。

16日(日)は清水区蒲原に出かけていった。堰沢の関口神社「創建1111年祭」の祭礼イベントに参加する。

地元の蒲原太鼓に始まり、藤泉会の日本舞踊、バイオリンとピアノコンサート、夜になって勇壮な手筒花火と、楽しい催し物が続く。

「古事記」に表記があるという、由緒ある歴史と里山に抱かれた中にたたずむ社の荘厳さ。素晴らしい場で踊れることを感謝する。

 

  ◇ ◇ ◇

「藤泉会」の活動が周知されたことを喜ぶべきだろう、近年お祭りやイベントに参加する機会が増えた。

日本舞踊の普及活動として、とても歓迎することに違いない。

しかし、回を重ねていくといろいろなことが見えてくる。このままでいいのか? 

参加して、楽しく踊って、でいいだろうか?

どんな小さなイベントでも、見てくれる人がいる。もっと自分に問いかけて…!!

 

新たな疑問が次々と出てくる。

次期にむけて、課題は山積・・・!

しっかりと見て、考えて、考えて!!実行するのみ、か?


| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net