お問い合わせ 
 
           

玄関先、ゴーヤの物語

ゴーヤの成長って本当に早い。

夏の強い陽光を遮蔽、の目的で植えられるのに納得する。

植栽して数日後にもう花を付けた。小ぶりだが黄色い花がいくつもついている。

ぶつぶつとした、ゴーヤ独特の肌をした「実」がすでに数個なっている。初めて見つけた時の感動は、新鮮、感動ものだった。

 

2センチ強。

小学生が観察日記をつける時の気持ちで、目で観察。

葉に隠れて写真が撮れない、じれる。

ネットをくぐらせ、前面に押し出して・・・と。

純粋に愛でて観察、ではない。しっかり写真に、という大人の勝手が働いているではないか。

 

自問自答しながらも、楽しいことを見つけた! 

これからの成長を期待しながら、ワクワクして見守る気持ちでいる。
 

 

 


紫陽花の季節も過ぎんと…

知らないうちに季節が移っていく?気がする。うち籠りのためか、月日の経過が伝わりにくい。

花を愛でて出かけるが、紫陽花の季節もすでに終わりに近い。

隣家の紫陽花は、街路樹と一緒に選定されてしまった。

先日の、見事に咲くクレマチスのお宅の紫陽花を見に行きたい!と思ったが、行きそびれてしまった。

既に梅雨入りして、ジメジメシトシトのいやな季節に突入。

しかしコロナの心配をしつつも、規制解除後の街には人出が戻っている。

 

日本舞踊のお稽古も、自主休の人を除いて通常通りだ。

発表会はできないかもね!と言いながら稽古に励んでいる。

いつになったら平常になる?、考えても答えは出ない。

じゃあ平常時のように進めよう!と思っても、心配や周囲の状況を気にかけてしまう。

どうしても踏み出せない?!

紫陽花のように、気持ちがコロコロと変わっていく。

 

梅雨入り前、やらねば!とY3の援軍を得て、ベランダによしずを張った。垂れ下がっていた藤の枝に支柱を立てて補強した。急場しのぎ?だ、と言われつつも先ずは安全状態に。

その支柱の空間にゴーヤを植えてみた。

玄関先にゴーヤの実がなったら愉快でしょう!

考えるだけで楽しい。

この苗、成長がなんと早いことか、ツルがぐんぐん伸びてきた。隣のハイビスカスの木に絡まって侵略しつつある。ネットを張らなくては!!

 

今日は雨予報だったが、思いがけない”梅雨の中休み?”

よしずのおかげで、ベランダからの風は涼しい。洗濯物も急いで外干しに変更。中々あわただしい。

 

待望の特別給付金の申請通知は届いたが、マスクはまだだ。


 


安倍川は今日もゆったりと…

静岡の水はおいしいといわれる。その水源である安倍川。

河原は大きく広いが、水量は多くない。どうっと流れる大河ではないが、ゆったりとした感じ。今日もそんな姿でいる。

例年7月に花火大会があるが、既に中止が決まっている。3年連続して中止が続いた、市民の楽しみだったのに…。

季節は既に”さくら”から”つつじ”に移っている。

つつじは、大きな花びらが自己主張しているかのように咲いている。

一方、花木のさくらは”さくらんぼ”の実を付け、鳥のおとずれを待っているのだろうか。小さくて赤い、かわいい姿にも引き寄せられる?

大樹は空に向かって大きく枝を広げている。

神社の境内にはこんな大樹がなんと多いこと。

鳥たちのオアシスに、子供たちのあそび場に、市民の憩いの場にと、様々なシーンで役立っている。

 


 

 


ちょっと頑張って遠くへ

Y1と一緒に散歩、今日はちょっと遠くまで!

 

菩提寺への墓参は常に車で行く。

晴天で気持ちがよい日、散歩がてら歩いて行こうか!

そうしよう、そうしよう!と出発。

 

大通りは避けて住宅地を進む。緑地帯に沿って、足元に咲くお花を眺めながら歩く。立ち止まってパチリ、眺めて、観察してキョロキョロ。時間はかかる。

公園内のお花は可憐に咲いているが、常にはもっと愛好者の手が入っているだろうな? こんな所にもコロナの影響が出ているんだ、などと変に納得してしまう。

菩提寺の藤棚、見事にたわわな花房が風になびいている。

ここまでご苦労さん!よく来たね・・・!

声掛けされているよう。ご褒美の”お花見”に気持ちが和む。

おっと!本来の目的を忘れてはいけない。

 

ゆっくり気持ちのままに歩いて4時間コース。充実感は満杯?

 

 


散歩して

 

お散歩日和。

自粛、ステイホームの日は続くが、散歩はOK! マスクをして、帽子を目深にかぶって出かけている。

気の向くままに、右へ左へぶ〜らぶら。

きれいに咲くお花を探しながら、チャレンジ!と100段の石段を登りながら、と散歩が気晴らしになっていく。

先日、庭先に見事に咲き誇っているクレマチスを見つけた。立派な大輪がたわわに生垣となしている。

ちょうど散水中の主に、思わず声をかけてしまった。感嘆の声が素直に飛び出したのだ。

少しの間の花談議、これから紫陽花も見ごたえがあるのよ!と勧められ、白いカラーをお土産に辞した。

 

 


お花見を兼ねて散歩にいこう!

今日はきれいな青空、風はあるが気温も温かい。

家に籠ってばかりで運動不足になる、気持ちだって塞いでくる。

お花見を兼ねて散歩に出かけた。

 

やっぱり駿府城公園のさくらが気になる。どんな具合でしょう!

きれいに満開を誇って咲いている木はある。

例年、たくさんの花見客が集う場所は、まだまだこれからの感じ。

お堀にしだれるように咲く土手の花もいまいち。

 

3〜5分咲きか?と思えるさくらも多い。

って事は、まだしばらくは花見が楽しめる。

それは嬉しいことではないか。

玄関に活けたうち花見のさくらと、我が家の藤の花。出発前にパチリ!

いずれも誇らしげに、オンリーワンを主張している。

 

駿府城公園内では、数年前から発掘調査が行われている。

家康より前に豊臣方によって築かれた石垣が発見され、何と金箔瓦まで出てきた。世紀の大発見!と騒がれたのを覚えている。

家康と豊臣方の石垣を比べてみる。石積みの違いなど、案内板を見ながら勉強できる。金箔瓦も展示されている。

 

平日の昼。陽気はよくても、さすがに人は少ない。

でも、お弁当を広げている会社員や花見客はいる。

私だって、外気と景色に気持ちが軽くなってくる。昼食がより美味しいはず!


美和の里に満開のさくら

早咲きで知られる河津さくら。伊豆の当地は、観光客でにぎわう花の名所になっている。

伊豆でなくても・・・!

葵区の美和地区にある「美和さくら」は、安倍川の土手に沿って植えられた河津さくらが、満開で見事に咲き誇っている。今が見ごろ!

 

今回のランチ会は、鷹匠地区にある「3蘭花」 とても変わった店名だが、和食のお店。昼コースを美味しくいただいた。

定期的に集う学友とは、とにかく話が弾む。とりとめない話の中にも、人生訓として、生き方として参考になることは多い。青春を共に過ごしたことは、時間を超えて安心と安らぎをもたらしてくれる。時間を忘れて過ごす得難いひと時だ。

 

その話題の一つに河津さくらが出た。

亡き母が、急に「河津さくらを見に行きたい!」といい出した。思うように身体が動かない状態の時だった。気持ちは汲んでやりたいが、私は自由な時間が取れない、困った!

助っ人は、おばさん3人組。母の妹で、仲良し姉妹が全面協力して母を連れ出して行った先が「美和さくら」だ。

思い出は母だけ、私は来たことが無かった。

是非見に行かなくては…、と思い立ってドライブ。

お天気よ〜し、うららかな日よりで気持ちよ〜し。花を愛でて土手沿いを散策。

遠足かナ? 楽し気に遊ぶ子供たち。のどかな景色がいっぱいに広がっている。

ピーピー、鳥もないて花をつついている。

メジロか?の問いかけに、いや〜ムクだ!、なんだムクドリじゃあ騒がしいだけだ!

おじさんたちの会話に、思わずニンマリ。


 


藤の花の開花宣言

玄関先にある”我が家の藤の花”が咲きだした。

藤の花期は5月が標準。だが、我が家の花はいつも4月初めに咲き始める。

今年も花房が伸び、さくらの開花宣言とどちらが早いか?なんて思っていた。

昨日、房の上部の花が開いているのを発見。

 

そこで”藤の花の開花”を宣言した次第。

 

ウフフ、満開はいつか?

さくらより長く楽しめるのは確実。

 

 

枝を広げて咲き誇る藤の花。

下の写真は過去のものだが、こんな風景もすぐそこまで来ている。


檸檬2個

何年前に買ったかしら?4年はたっているはず!

一つの檸檬の鉢がある。

毎年、小さな実を付けることはあったが、ピンポン玉くらいまでが最大。

それが、何ということでしょう〜!

 

アオムシに好まれ、葉っぱが食べられて”ボウズ”になってしまった春の難事。大切な実が、知らないうちになくなって…という事件?もあった。

何だかんだの難曲を乗り越えて、遂に、ついに「レモンの木である証拠の、自己主張の結実」

大きな実が2個も。

収穫?時期はいつに。

黄色く色づき、店頭に並ぶそれと変わらない見かけ。

そろそろ!と早速はさみを入れて手に取ってみた。

10円硬貨と比較して、早速ブログ用に撮影。

 

気分いい、収穫の喜びは量の問題ではない!!

 


 

 

 


 


花の命は短くて・・・

まだ寒さを感じた3月は、半ば過ぎると一気に春めいてきた今年。

さくらは一気に日本列島を北上して、ピンク満開の桜地図を描いていった。

さくらの開花が早ければ、他の花も一様に早咲きのようだ。

 

玄関先の我が家の藤の花も、3月末には一気に花房が伸び出した。

4月に入って見事?に満開。風にゆらゆら花房揺れて、と風情ある景色を見せていた。

今日は15日。2週間のその間に、非情にも”花散らしの嵐”に見舞われてしまった。2回も。

一回目でさくらは無残に打ちひしがれ、二回目の昨晩のあらしに、藤の花はとどめを刺されてしまった。

 

「花の命は短くて…」

でも、季節になれば、きっちりときれいな花を届けてくれることに感謝したい。

心に栄養を注入してくれ、目を楽しませてくれる。
来年もまたきれいに咲いてね、そうつぶやいた。

 

 

長唄「新曲浦島」を5月5日、勘市穂師匠主催の会で踊る。

大海原の雄大さを主として、寂しくも美しい夕景色や、一点にわかに荒れ狂う嵐の様を描いた曲。

”あらし”つながりだが、こちらのほうは少々手を焼いている。

情景を表現する?難しさ、朗々と唄い上げる”舟唄”の間の取り方。

もう少し、稽古だ!!

 

 

 

 


| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net