お問い合わせ 
 
           

GW10連休、何をした? 続

行楽地や故郷に出かけた人たちのUターンラッシュ、今日がピークか。

 

さて私の連休のまとめを。

教室は4月28日〜5月6日が休み。でも私的には飛びとびの休みだ。

 

まず、気になっていた家回りの片付け。雑草抜きとプランターと鉢の片付け整理で28日が終わる。

29日、所属する日本舞踊協会の総会。若柳さんと名執3人が入会して紹介される。Y1の和服着付けでドタバタ…?

30日、「市穂美会」直前の稽古で師匠宅へ。

その前に、久能山東照宮で”平成最後の日の御朱印”を欲しいY1を、日本平のロープウエー乗り場まで送る。雨降る山道はちょっとスリリング?

5月1日、”令和元年初日の御朱印”も当然ゲットする!と。これは墓参りを兼ねて菩提寺に。

2日は「市穂美会」

3日、4日は、近年この季節に実施を決めた大掃除。窓をきれいに拭けない問題はあるが、ウ〜ン…?できる範囲までで可としよう。

教室のワックスがけは外せない。

5日、今日はそろそろ疲れが溜まってきたか?だるい。でも着物の片付けがまだだ。出かけたり、舞台で着たりと5枚もある。勢いで何とかやってしまわなければ。

6日こそは、一日ゆっくりしたい。

動ける元気があることはうれしいこと、やることがあるのは必要とされていること。

 

子供たちが率先して行動してくれることに感謝して、私のGWは通常と何ら変わりなく過ぎていく。

 

 

 


GWの10連休、何をした?

令和の新しい時代がスタートするこの期間。天皇即位の日が祝日になって、10連休という超大型のゴールデンウィークになった。喜び倍増の世の中は、何かと混雑しているようだ。

 

渋滞や混雑のニュースを聞きながらも、私は在宅。でも、教室は当然のように連休中だ。

告知したように、5月2日は師匠主催の「市穂美会」があった。

「野狐禅」

舞台中央の衝立の陰から覗く! ここから始まる。

衝立が用意できない、困ったどうしよう・・・。

じゃあ作ってみよう!と完成した屏風がこれ!

反物に古裂のアップリケをした”のれん”を持っていた、これを活用してみよう。

制作者はY3。幼少より物つくりが好きな彼は、設計図を書き、材料を調達して連休に仕上げてくれた。

急場の間に合わせで、手直しもするよ!と言ってくれる。

 

着物型の古裂は教室生からのプレゼント。いろんな人の協力で、とっても素敵な衝立が出来上がった。

感謝!!しかない。

周囲の評判もまずまず、で鼻も高い。

 

踊りは?

どうにか踊り終えた? とにかく、幕は無事に下りた!

 


 


さくら咲いたか、祭りはまだかいな?

例年に比べ、桜の開花宣言が遅れている。

早ければ22日かも?と言われていたさくらの開花なのに。

東京は満開と発表された昨日は、静岡気象台の標準木にはまだ開花宣言が出なかった。

 

静岡まつりの会場となる市役所前や駿府城公園には、まつり提灯が揺れ、気分はウキウキなのに、背景がまだだ。

でも時間の問題だろう。5~7日の静岡まつりは、きっと満開のさくらが迎えてくれるだろう。

駿府城公園に出かけてみた。

最近に植樹された若木は、きれいな花を付けている。例年花見客でいっぱいの、大木が並ぶ場所はまだまだ蕾多しだ。

花がな~~い!でも待ちきれない人たちは、そんな中でも”花見客”になっている。

この日は風が強かったが気温は高め、若いママさんグループが多いかな?熟年層の姿もそこかしこに。

楽しんでいることは間違いなさそう、和やかな景色が広がっている。


お雛様を飾りました

飾らなくっちゃ!ずっと気になっていた雛人形を飾り終えた。

 

母がY1の誕生を祝って贈ってくれた、七段飾りの雛人形。正直いって飾るのが苦痛だ。

 

上層階に収納してある、人形の大きなダンボール箱を下ろす、ところから始まる。

木製のひな段を組み立てるのはパズルのようだ。人形は15体、烏帽子や持ち物の装着が細かい。反して指先は動かない。ため息が出る?

 

今までは夫が率先してやってくれた作業、私一人でもやれるよ!って心で叫びながら一体ずつ丁寧に。

 

雛の節句は準備万端、いつでも来い‼️  自己満足?の如月の一日。


スマホから投稿

ブログを書くのに、今まではパソコン入力のみでやっていた。パソコンは上階にあり、階段を上る煩わしさや直ぐに時間が取れない、のが現状だった。

 

ふと思い付いて、スマホからトライしている。

スマホを使いこなせていない上、自由に入力出来ない苛立たしさはある。でも書こう‼️と思い立ったとき、どこにいても、直ぐに書けるのがいい。

 

さて、ちゃんと投稿できるか⁉️😀

 


ありがとうございます

2018年も、本当にあと僅かな時間を残すのみ。

この一年間、「はじめの一歩」にアクセス、ブログを読んでいただいたことに感謝しています。

続けることを目標に、還暦をとうに過ぎた者のつぶやき、時には意気込みを綴ってきました。

これからも気持ちは変わらず、焦らずに一歩一歩進んでいきたいと思っています。

今まで通りブログを訪ねていただくと励みになります。

 

2019年は元号が変わります、増税やら社会もざわついてきそうです。

そんな中、大好きな日本舞踊を続けながら、楽しく歩んでいきたいと思います。

 

 

皆さま、明るい新年を迎えられますように祈念しております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

2018年12月31日 15:00


盆踊りやおまつり、今夏も楽しく踊って!

暑かった!の印象が強すぎる今夏だが、ここ数日は秋?を思わせる気配に少しだけ気持ちが和んだ。

しかし・・・!週明けには再び猛暑の予報と、台風の心配でまだまだ落ち着かない。

 

夏といえば盆踊り!

今年も例年のように、7日の宮竹地区と14日は故郷の夏まつりで踊ってきた。24日には菩提寺のお祭りに参加する予定もある。

 

日本舞踊の関係するイベントも9月に2つ。

三味線の発表会(9月9日)に、依頼されて「深川・黒田節・奴さん」の3曲を教室生が踊ることになっている。

昨日はそのリハーサル。指示を出す私の姿は、他社中の人に”怖い人?”のイメージを持たれてしまったかも?

 

教室生の発表会「藤泉会」は9月17日(月、祝日)に、あざれあ大ホールを会場に開催予定だ。

今回は「京鹿子娘道成寺」を、6人で踊り分けて発表する。ひとえに私のチャレンジ!だが、大曲をどう伝えるか?どう表現するか?が課題だ。

プログラムも出来上がり、一同稽古に励んでいる最中。会場にお客さんがいっぱい!が私の夢。

興味がある人は、ご連絡くださればプログラムお送りします。

 

生まれ故郷の伝統文化「羽衣の舞」は、例大祭に向けての練習が始まった。

12人の小学生が集まって、まずは地区の敬老会に「羽衣の舞」を披露しようと、一生懸命練習している。

この指導は、既に私のライフワークになっている。

子供たちの元気な姿と、地域との絆を励みに頑張っていく。

 


大学で日本舞踊を!!

歴史ある学校、幼稚園から大学まで揃っているマンモス校がある。

4月、大学の新校舎がJR清水駅と静岡駅の中間地点の立地状況のよい場所に移転してきた。

TVコマーシャルが頻繁に流れ、勢いのある教育機関なんだ、と連想できる。

 

地域に開放していると知り、ある日3人で大学探訪と出かけた。

ここには確か同級生が職員でいるはず、と思いながら…いざ!!

 

新校舎は木造を思わせる色調で、落ち着いた雰囲気を漂わせている。

新しさゆえだろうが、正面からは”何もない空間”が目につく。まぁ、これからだろう。

狙うは学食。

かなりのスペースを有している。

12時を過ぎる頃には満席??になるほど、やっぱり学生は多い。

本日のランチは完売、350円でサラダうどんを完食。

学食は値段が命?メニューはさほど多くない?

お弁当を持参の学生もかなりいる。お母さん、彼女、自分で?といろいろ想像するのはおばさんか。

 

 

日本の文化、特に日本舞踊について考えていることがある。

このような一貫教育の学校で、継続して和の文化に目を向けて取り組んでほしい、と思っている。

伝統芸能である日本舞踊で例えると、幼少期に知り、触れて、体験してという経験がないのが現状だ。

若い時の経験は何でも重要だ。特に伝統文化は、感性の豊かな時期に知ることが特に大切だ!って切に思う。

完成形に仕上げるのには、とにかく時間がかかる分野だからこそだ。

 

ここに学ぶ大学生が、日本の伝統文化に興味を持ってくれたらとっても嬉しい。

日本舞踊のよさや楽しさを知ってほしい、文化を知るきっかけになってほしい。

 

 

 


 


”いま”より若い日はない!!

ある人に言われた。

今より若い日はないのよ〜!、何か始めたいなら一日でも早く行動しなくちゃぁ〜!

 

チョット衝撃的な言葉だった。

確かに!!と納得。

携帯電話を使い始めたのは、かなり最近になってから。

留守がちな人だから、連絡を取るために持って!と、Y1に言われたのがきっかけだ。

連絡用の電話とメールが主、インターネットはパソコンのみで満足だ。ちぃっとも困らないでいた。

 

でも、しかし…。

便利さが分かってくると、ちょっと気持ちが揺れる。

周りの人のスマホを覗く会話が気になる。

どんなこと? へ〜そうなんだ?

判じ物だったスマホに興味が出てきた。

 

そんな時に、先の言葉!!そして、

「いつやるの? 今でしょう」

 

という理由から ”スマホ デビュー” した。

ゆっくり、マイペースで挑んでいこう。

先ずはメール文の打ち方から。


 

 


気持ちを推し量るのって大変

ずーと気になっていることが3つある。

もともと人見知りな性格ゆえに、付き合いが下手だ。

見た通りの判断がすべてで、気持ちを推し量ることができない。まして、本心は見抜けない。

 

日本舞踊の活動の中で、ある人から「舞台で一緒に踊らないか?」と誘われた。

存在は近くにあるが、一緒に踊ったことはない人だ。

共に舞台を作り上げていく、という事にとても魅力を感じた。

何事にもチャレンジ!と考える好機ではないか、とも思った。

しかし話を聞くうち、考え方の違いについていけず、話は終わってしまった。

 

ここまでなら一つの経験として生かせる、はず。

 

舞台人として多岐に活動する彼女、今までと同じように接していきたい、と思っている。

しかし以後、彼女としっかりと声をかけ合っていない、目を合わせていない、と感じてしまう。

避けられている??

何か??を感じてしまう。

私は今までと変わらないでいたいのに…!!

 

   ◇

 

年齢はだれにでも一様に訪れる。

年月の経過は、歳もとり、いままで通りでなくなる。当然ながら考えも変わる。

新しい世界、次の世代を視野に入れて進んでいく。

そんな中で起きていることが気にかかる。

言葉にはできないから、より気持ちがザッワザワする。

聞こえてくる周囲の言葉に反応、反論できずイライラする。

道が見えず、ただウロウロするのみ?

どこまで続くのだろう!!

  

   ◇

 

仲間が突然、輪から抜けた。

本心を言えば、行く末を心配するより、勇気ある行動をうらやましく思った。

自立した活動をしてきた人だから、輪の中での庇護より規制を是としなかったのか。

応援したい気持ちはあるが、勝手??に見える行動も理解できない。

話を聞くことなく、突然いなくなったので、私の気持ちは???不安だらけ。

 

 

還暦をとうに過ぎ、今まで比較的自由?に生きてきた。

深刻な状況も、乗り切ってきた自負はある。

今、ちょっと”スランプ??” いろんなことに気持ちが沈んでくる。

 

負けてたまるか!!

何とかなるさ〜〜、成るようになるさ〜〜!

本来の気持ちを取り戻さなくては??!!

 

 

 

 

 

 


| 1/8PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net