お問い合わせ 
 
           

この頃のこと

流派の資格試験は3月と11月にある。

3月に教室生が試験に臨み、無事に名執を許されたことは以前のブログで紹介した。

先日、11月に名執になられた方々と一緒にお食事会が開催され、弟子と2人出かけていった。

 

総勢8名、なんと私は八世ご宗家の隣の席。

チョ〜〜緊張してしまう。

いなか者?故の引け目?と、なれない席で話題についていけず…。ひたすらお料理をいただき、皆さんの会話に耳を傾けるのみ。

話題はないのか、会話はどうした?・・・状態。

 

あぁァ、人間の小ささを味わった時間だった。

でも、雲の上の方々とこんなに近くで会話できる機会は滅多にないだろう、そんな機会が持てたことはとっても嬉しい経験になった。

 

 

さて後日、同門の人の発表会に思ったこと。

私も発表会で見てくれる人が少ないと、寂しく辛いことを感じてきた。だから、極力応援の気持ちで観客になろうと出かけていった。

 

高齢になる仲間が、着物を着るのがとにかく大変、おっくうになって…!と訴える。

まだ活力のある私は、着物を着れる時を大切にしたい。じゃ和服でいこう!と思い立った。

 

会場で出会った花川流の友達、彼女は常に着物で生活している。もちろん一日中和服で過ごすという。

当然着こなしも着付けも決まっている。

そんな彼女をうらやましい?と思いつつ、できないことはしない私。

でも、出かける機会になるべく着物で、とは思う。

この季節は着物姿が苦にならない。

 

どの着物を着よう、帯はこれか? 小物の組み合わせは、色は。

ない知識や品揃えの中、コーディネートに悩むのは楽しい?煩わしい?・・・。

 

 


雨でも予定通り

最近続く雨、台風21号の接近もあり、これから東海地方はますます風雨が強くなるだろう。警戒の注意報も発令された。

 

9月の半ば過ぎ、中高生時代を共に送った仲間が集う同期会があった。その時まさに台風18号が接近中!

台風なんて何のその!と、31人もの”乙女”たちは、当然ながら、時間を忘れて楽しい時を過ごしたのだ。

 

厄介だったのが、今月14日に奉納予定だった「羽衣の舞」

雨天予備日は翌日だが、この日は更に悪天の予報がでていた。
関係の役員は朝6:30に集合して、どうするか協議するという。

 

結果、予定通りの14日に室内(舞の練習をしていた公民館)で実施が決まった。

私が関わってから始めてのことで、どうなるか見当が付かない。

なんと、19年前に公民館でやったことがあるという、が詳細を知る役員はいない。

 

私も参加して、舞台をどう作る、子供たちの着替えは、立ち位置は??など、意見を出し合い、協力し合っての作業が続く。

急ごしらえながら、なんとか”それらしい劇場”が出来上がった。

そして結果は大成功。

 

急な変更に、1年生のRちゃんは動じずしっかり踊ってくれ、6年生はリーダーシップを発揮してくれた。

舞台上も観客も、役員や関係者も、満足のいく状態で「羽衣の舞」が実施できた。

これから雨でも慌てない覚悟はできた。

 

 

運動会の季節、雨で順延の声が聞こえる。Y3の中学時代、3回にかけて実施したこともあった。

宗像市で開催の実業団女子駅伝では、強風に抗って走る必死な姿がTV画面から見える。

CSシリーズの「広島ーDeNA」戦は今日も中止だ。

 

お祭りやイベントは天候に大きく左右されるのが常だ。

予定通りに実施できたら、まずは成功!といえるだろう。

 


徒然に思う

8月に入って、相変わらず暑い日が続いている。

 

数年前から関わっている、宮竹学区夏まつりの「盆踊りの練習」に出かけている。

体育館での練習は大型の扇風機を回していても暑い。しかしたくさんの人たちが練習に集まってくれる。うれしいじゃあないか、地域の団結力の表れだろう。小学生が練習する太鼓も、曲に合わせてリズム良く入る。

週末の5日(土)が夏まつり当日。お天気もよさそうだ。

 

 

久能地区の「羽衣の舞」の練習も始まった。今年は12人が参加してくれた。

今回6年生は4人いるが、5、4年生は1人。少子化の波は深刻で、今後の対策も視野に入れていかないと…、と思う。

 

一年ぶりに再会した子供たち。笑顔や元気さは変わらないが、身体が大きくなっている。

6年生は既に私の身長より大きい。中には胸のふくらみも見えて言動に”女性らしさ”を感じる時もある。

でも、腕組みをして笑いながら「私のほうが大きいよ〜!」などと、上から目線で迫ってくるところは今までと同じ顔。

子供のままでいてほしい気持ちと、成長を喜びたい気持ちと複雑・・・。

「羽衣の舞」は9月10日(日)学区の敬老会と10月14日(土)の神社の例大祭で披露する。

これから猛練習が始まる。楽しい時間?になるだろう。

 

 

自身の稽古。長唄の「初時雨」をお稽古している。

師匠は、50年近く前に教えたっきり出してないよ!!と話す。舞台で、私も見知る大先輩が風情よく踊った、という思い出話を交えながら進む。

この曲は男と女の連れ舞だ。

欲張って、2人の振りを同時進行で取ろうとしている私。

失礼ながら、記憶をたどりながらの師匠と、立ち位置が時々迷子になってしまう私。

短い曲なので、とりあえずは最後まで到達したが???。

これから頭を整理して振り帳を完成させなければ。これが一番難しい。

 


ウナギを食べ損ねた!

今日は土用の丑の日、世の中はウナギを食べよう〜!とあの手この手でPRたけなわ。

夜7時過ぎ、Y1からメールが来ていた。過去形なのは後から知ったからだ。

 

自身のお稽古に出かけたのに、終わって帰宅するのが思いがけず遅くなった。ひたすら急いでいてメールなど気が付くはずもない。

 

メールの内容は”ウナギ買って帰ろうか?”

 

気が付けば二つ返事で「お願い買ってきて!」と返信したのに。

残念!ウナギを食べ損ねた。

 

暑い暑〜い中急いで帰宅、夕食の準備を、と懸命に動いた汗と焦りが辛かった。更にウナギを取り損じたダメージがいたい!!

 

返事がないから、とY1が買ってきたのは可愛い顔をした”ウナギのソーセージパン”

我が家の”うなぎ”は週末に持ち越し、としよう。


体に優しいランチ会

週一で通う体操教室で知り合った西島さん。自宅で料理やハーブ教室も開く料理の上級インストラクター。

野菜がメインの料理、体に優しいランチ会というキャッチフレーズで、自宅でサロン「ここにいこ」を主宰している。

そのサロンに7人が集って楽しいひと時を過ごした。

 

目を引くオレンジ色の品は”パプリカのスープ” 冷製スープ仕立てで喉ごしもさわやか!

中央の白色の品は特別な?”豆腐” これまたチーズのようなコクがあってなめらか。

彼女曰く、そのうちヒットすること間違いなし!という野菜は”おかわかめ” 葵のような形をしてちょっと肉厚、調理すると粘りが出てきて、体によさそ〜!! そのおかわかめを材にした”胡麻和え”

などなど。

彩も美しく、野菜だけ?というにはコクも食べ応えもある。

味噌やドレッシングも優しいアクセントになっている、それらも勿論手作り。

 

美食家のMさん、ステーキの醍醐味とは別のおいしさを絶賛していた。

 

食後はハーブティー。今日はレモングラスとレモンバーメナーの2種類。胃腸に優しいお茶とか。

ハーブ講師歴も20年、という彼女のレクチャーも楽しく時は過ぎていく。

 

料理すること、野菜やハーブを育てることが大好きだという彼女。

広い自宅の庭は勿論、他にも畑を持っていて食材は自分の手で、というこだわりも持っている。

 

私はもっぱら、その手による美味しくて体に優しいものを食するのみ。でもこんな時は豊かな心を持つ、優しい人になった気がする。

 

ごちそうさまでした!
 


空を茜色に染めて・・・

台風の去った翌日、薄暗くなった外に目をやる。

なんと!感動するような空色がそこにあった。

ビルの向こう、西の空がきれいな茜色に染まっているではないか。

カメラ、カメラ〜!ドタバタと撮影したが、感動ほどに写真では伝わらないかな?

 

 

 

一方、九州地方は危機的豪雨に見舞われ、大きな被害が出ている。

近畿地方にも豪雨、の報道がされていた。

各地の被災者の皆様にお見舞い申し上げます。

 

ここ静岡は、幸いなことに台風の影響もあまりなく、暑さにネを上げる程度で過ごすことができている。

それはありがたいこと、だとしみじみと思う。

 

 

7月23日(日) 静岡市民文化会館・中ホールで開催される、第7回各流舞踊「夢舞台」静岡公演。

教室生が2人、「藤娘」と「羽根の禿」を衣裳、かつらを付けた本しつらえで踊る。

 

リハーサルを終え、本番に向けて稽古に励んでいる。

12時開演。 新舞踊、古典、銭太鼓、歌と、いろんなジャンルの舞台が楽しめる。

興味のある人は是非、見にいらしてください。

 

 

 

 


この頃のこと

6月も残りわずか、一年の半分が過ぎようとしている。

 

この時期、個人的にはちょっとヒマ。

4月のお祭り、5月の発表会などの踊り関連行事が終わって、次まで少々”間”がある。気持ちに余裕?が見えるかなぁ!

 

 

誘われて週一の健康体操を始めた。

人数集め?の言葉に、お稽古曜日なのでどうかな〜、といいつつ参加してみた。

おもしろい!体を動かすこと、汗をかくことって気持ちいい。

 

簡単な体操なので、辛くはない。でも、一人でやろうって言っても、絶対やらないだろう。

仲間がいて、わいわい言いながら、楽しんでやることがいいんだ。当たり前を確信する。

教室の稽古は入れたくないナ!勝手なことを思いながらも、楽しみになっている場だ。

 

 

市からの委託業者だろうか、街路樹の剪定にやってきた。

手入れせずに放置し、伸び放題になっている琉球朝顔が剪定の邪魔をしている??

バッサリと切ってください!ことし花付きが悪い紫陽花も選定をお願いま〜す、と無理なお願い。

おかげですっきり、本当にすっきりと見通しのよい状態になった。

この機に、玄関周りの鉢も整理。

街路樹の下に夏の花を植えよう!次のステップに向けて計画中。

 

 

週が明けると教室やら自身の稽古やら、家事に時間が割けないことがある。そんな時のために、今日はまとめて食の作り置きをした。

カボチャの煮物、きんぴらゴボウ、切り干し大根煮、キーマカレー、煮豚を作り、冷蔵庫や冷凍庫の中の食材を確認する。

大体のメニューを思い描くが、その通りに食卓に上がることはあまりない。いつもの行き当たりばったりの性格ゆえか?でも作り置きがある!という安心感は大きい。

二週間ほど前に付け込んだ”梅のシロップ”もできた、実を取り出して”梅ジャム”も作ってみた。

シロップは暑い夏の清涼飲料として楽しみだ。

 

今晩の食事の用意もしなくては・・・。


今年のゴールデンウィーク

今日7日で、今年のゴールデンウィークは終わる。

いつも通りに、無事に日は過ぎていった、というのが現実か。

 

んん・・・? ちょっと違うかナ。

今年はやりたいことを考えて、計画を立ててみた。

 

休日はカレンダー通り、9連休もあるよ、という子供たちを巻き込んで、親の勝手を押し通した。

 

窓ガラスの汚れが気になっている。大きく面積を占める”フィックス窓”が常に気になっていた。

いろいろ試すが思うような結果が得られない。

今回はジェット噴射の機械を借りて試みてみた。

まぁ、何回もやっていればいいかな?

 

タンスの移動はどうしても若者の力が必要だ。Y3の存在は絶対条件になる。

稽古に使う部屋のフローリングにワックスもかけたい。

休日を待ってみんなで作業。3人それぞれのやり方に、性格が出るね〜と!談笑する。

特に私は失敗が多く、仕事を増やしてしまう。 ゴメン!

 

嫌がらずよく動いてくれたことに感謝、感謝!

 

勿論、家の掃除や片付けだけじゃあない。

 

思い立っていちご狩りに出かけた。こんな時、栽培農家の親戚はうれしい存在だ。

ジャム用にと、欲張って摘み取った沢山のいちご。

早速下準備をしてジャム作り。3.5キロをぐつぐつ、時間をかけ、気持ち(愛情)を込めて炊き上げた。

でも摘み取った半分以上は、要望で冷凍イチゴに。

暑い時期、冷凍イチゴと牛乳で作るキンキンの味はサイコ〜さ!

 

待てないからって、既にイチゴミルクを2回も飲んでしまった。

 

家族と一緒だけでなく、個人の予定もあってなかなか忙しい。

 

4月29日は例年協会の総会。

5月2日は私の稽古、発表会を前に休めない。

6日は師匠主催の勉強会「市穂美会」 当日までの自主練は欠かせない。疲れたけど無事踊り終えた。

 

過ぎてみれば何?というほどに日々は経過していく。

充実していたか、といえば???

やりたかった事はやれたが、やり残しもまだまだある。

次は夏休みだね!とうれしい言葉をかけてくれるY3。

 

できる時、できる事を、できる様にやればいい。

いつもの、いいかげんな、成り行き主義の私がニンマリしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あっぱれ!10連勝だ〜!

隠れカープファンとブログに書いたのは、昨年広島カープがリーグ優勝した時だ。

家族内で夫は何たって巨人だ!と豪語していた。一方私は10代の頃から応援していたから、かなりの古参。長じて、+アンチ巨人の気持ちが入っている。

 

もう隠れ?って言わないで堂々と応援しよう。

対巨人の3連戦。

言わずもがな!の快進撃にTVの前で「よっしゃ〜!、やったぞ!、かっこいい!」と声をかける。うれしいことにY1の同志がいる。

 

あきらめず、おごらず、自分をチームの仲間を信じて。

一生懸命に頑張る選手たちみんなに拍手を送る。ありがと〜!!勇気をもらった。

 

 

話は変わって・・・。

リサイクル業者から電話が入った。

不用の靴はありませんか?リサイクルして東南アジアなどに送ります。という内容だ。

ちょうど下駄箱の整理をしようと思っていた、のが話を聞くきっかけになった。

 

この手の電話は非常に多い。常に時間に追われているので、続きはなかったのだが・・・。

 

やってきた業者は、靴を選定しながら、しきりと貴金属はありませんか?と粘る。

手の内はこれか!と思いながら「アクセサリーはない、結婚指輪は手放せない」などと時間をやり過ごす。

気持ちの弱い人や高齢者にはつらい時間だろうなぁ、根負けしてしまうかも?としみじみ思った。

 

ちなみに靴3足(1足は未使用)まとめて1000円。

履かない場所ふさぎの靴が、と考えたら高いか安いか?

 

選に漏れた靴を処分してくれると嬉しかったんだが、それはなし。

 

これを機に下駄箱をすっきり掃除しよう。処分は静岡市のごみ袋にまかせて。

 

 


富士山ってやっぱりすごい!

富士山。誰もがあこがれ、雄姿に見惚れる。日本一の高さを誇る偉大な山だ。

 

静岡に住んでいると、近くにその姿を見ることができる。

だから、改めて富士山は素晴らしい!とは言わない、ような気がする。

見えて当然!だから?

認めないのではない。富士山と静岡はイコールの気持ちだから。

 

関西圏在住の頃、富士山を見たくて旅に出た友がいた。

あぁそうなんだ!常に富士山の見える静岡人は幸せなんだ!と実感した記憶がある。

 

どこからでも見える訳ではない!当たり前だけど。

当然、我が家の窓からは見えない。が、ちょっと歩けば近くに確実に富士山はある。

日本平や三保の松原など、特に景観のよいスポットは数多くある。それどころか、マイスポットを推す人や楽しむ人も多いだろう。

 

静岡市からのそれは、富士や三島など東部地域に比べたら、迫るような姿では決してない。

でも見える場所によって大きさが違う、イメージが変わる、不思議な山だ。

 

 

ある日、住まいの葵区から東方向の清水区に向かってドライブ、国道一号線を進むのが今日のルート。しばらくは左がわに見えたり隠れたりする。そんな中、道路の中央にドーンと見える場所がある。スピードを緩め、一秒でも長く見ていたいと思う。すぐに高層の建物で見えなくなるから残念だが、少し前まではずっと楽しめたに違いない。

 

同じ日、今度は藤枝方向から自宅へ(東進)の帰路。

同じ国道一号を進むとき、安倍川にかかる橋からの眺めがまたサイコーにいい。

橋ゆえに、ちょっと高い位置からなので障害物も少ない。ここからは本当に大きな富士山を見ることができる。

この日の夕方ごろ、夕日が真っ白な雪を照らしてほのかに染まっていた。

あか富士ならぬピンク富士山?

絶景かな、絶景かな!!五右衛門みたいに思わずうなってしまった。

 

外出した成果、思いがけない景色に癒された一日だった。

東へ西へ、忙しく動き回った自身へご褒美か?心豊かな気持ちになった。

 

富士山よ~ いつもありがとう!!サイコーさ!!


| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net