お問い合わせ 
 
           

新緑がまぶしい!

 

青もみじ。まぶしさを感じる緑の葉、木漏れ日に映る姿がいい。

紅葉とは違う美しさが好き!

駿府城公園の内濠まわりを歩く。

”家康公の散歩道”と整備され、ベンチで昼休みをくつろぐ人、ジョギングや散歩を楽しむ人がちらほら見える。

楽し気な、弥次さん喜多さんの銅像もある。「東海道中膝栗毛」の作者、十辺舎一九が生まれた由縁からだ。

濠の周辺は官庁や学校、公共施設が建っている。

青春の6年間を過ごした母校もここに位置する。バスターミナルから駿府公園を抜けて通った通学路、きれいに整備されて面影はない。木が生い茂って見通しが悪い公園だったが、不思に怖さは感じなかった・・・。


鳩さんタイヘン!事件です!!〜プラス~

鳩の事件、おまけのお話。

 

今、街路樹の巣に鳩はいない。元気に巣立っていったと思う??

 

ひなの成長って本当に早い、毎日観察していてつくづく感じた。だから、巣にいないのは無事に成長して巣立っていったんだ。

そう言い聞かせ、自分を納得させている。

 

それより少し前、稽古に来たKちゃんが「先生、樹の上に鳥の巣を見つけた!!」と声高に報告してくれた。

「そうなの、ここからよく見えるよ、ひながいるでしょ!」2階の教室の窓から見れば、すぐ近くにひながいる。
「ワォ〜〜!、鳩だ・・・!」感激して大喜び。

この次来る時は、巣立ってもういないかもね!なんて話をしたばかりだったのに。意外と早くにやってきた。

 

 

一方、巣を隠していた”琉球朝顔”の話。

行きかう人の多い道路ゆえに、たわわに咲く青い花をきれいだ、と感じてくれていた人がいた。

2人の人から、種を欲しいと所望された。

朝顔談議や花談議をしばし。

根の出たツルを切って、とりあえずは植えてみて、と差し上げたが・・・。よくつく花だが、来春に延びてくれるといいな。

生長し過ぎてちょっと困っている、という失敗談を話すのも忘れなかった。

でも、なんだかうれしい出来事だ。

 

今朝、街路樹を業者が剪定作業して行ってくれた。

幹に穴が開き、弱ってしまっていた街路樹は、根元から切られてしまった。

残った一本も枝や葉が剪定されて、とってもすっきりした冬姿になった。

これから元気になってくれることを望む。

 

来春、また伸びてくるであろう朝顔も、手をかけて樹に影響のない姿に仕立てていけたらいいな!と思っている。

 

 

 

 

 


続・鳩さんタイヘン!事件です!!

事件は週末にやってきた!

 

用事で帰宅したY2。

木の上に延びた朝顔がなかなか取りきれないで困っている、の言葉に反応したのか?年老いた母を気遣って?くれたのか・・・。

早朝に作業を終え、起床時には琉球朝顔の花は、きれいに街路樹からなくなっていた。

 

ありがとうの言葉より、鳩の巣はどうなった!

 

ひなが2羽。事件にもめげずに確認でき、育っている。

目隠しのように覆っていた植物がなくなり、当然ながら、巣は”丸見え状態”になってしまった。

カラスに狙われないだろうか?雨や風は?心配ごとの種は多い。

親鳩はひなに覆いかぶさるように守っている日が続く。

 

どう、いる? ひなは無事?

Y1と朝のあいさつ。窓ごしに、時には双眼鏡で様子を観察する。

 

ひなの成長って早いナ、顔つきもしっかりしてきた、羽根らしい模様も見えてきた。

親鳥はエサ探しに出かけ、ひなだけの時間が長くなる。

一週間が過ぎたころ、第二の事件が起きた。

 

ひなは写真のように大きく成長し、一見では親鳥?と変わらない。

でも確か2羽いたはずなのに…、今はこの子だけ。

親は朝にエサを運んでくる、日中は一人で留守番状態。

 

安全な巣作りのはずだったのに、危険な状況を作ってしまった後ろめたさはある。

もう少ししたら巣立ちを迎えるだろう。

たくましく大空へ羽ばたいていってほしい!

あとしばらくは見守っていきたい。

 


鳩さんタイヘン!事件です!!

街路樹を覆うように茂っていた琉球朝顔。

たわわに咲く青い色の花に魅せられて育てていた。近年勢いのよさが災いして、街路樹を包み込んでしまうほどに生長している。街路樹にも悪影響を及ぼすほどだ。

正直”手に余る花”になっている。

初夏のころ、一度剪定したのにますます茂ってきている。

かなり寒くなっても花は咲き続けるので、切り時に悩む花でもある。

 

思い切って成敗!!と先週初めに取り掛かった。

しか〜し、ツルを四方八方に伸ばしていて簡単には切りきれない。日にち、時間をかけて・・・ひたすら引っ張って抜く作業。

 

葉に絡みつくように覆うツルを引っ張っていたらビックリ!! 

”鳩の巣”があるではないか!!

親バトが必死で守っている、卵を抱いているんだろうか?

 

ツルを引く力で、木はかなり揺れていたであろうに、ピクリとも動かず。じっと、必死に耐えている様子。

なんと強い気持ちでいるんだ、ということを思うと、ただただ感心。

親鳩の偉大な気持ち。母は強し!だ。

 

巣の周りは残して終了しよう、つぎは時間をおいてからだ!と。

 

 

ところが・・・、事件は間もなくやってきた!!

 

                 ・・・つづく


シズオカ×カンヌウィーク

我が家の近く、七間町名店街は”フランス”の雰囲気に包まれている。

 

「シズオカ×カンヌウィーク」と称し、13〜28日まで開催される。

姉妹都市・カンヌ国際映画祭に合わせて開催のイベントで、多くの市民が繰り出している。

「街角マルシェ」の七間町名店街では、ワイン片手に談笑するお洒落な人たちがいる。

サングラスにパナマ帽、それだけで ”おしゃれ〜!” な雰囲気を感じてしまう。

フランス料理やワイン、雑貨などを販売するテントが並び、街中がフランスの雰囲気を作り出している。

 

カンヌにはやっぱりワイン?

格安ワインやローストビーフ、生ハム、チーズのおつまみ付きの本格ワインまで、販売ブースには列ができている。

近年のワインブーム?もあって、みな楽しげだ。

 

今日はちょっと気温高め、太陽がまぶしい日曜日。

外に出るにはサイコーさ! そんな季節のイベントだ。

 

ここ七間町名店街は、映画館の移動から数年の経過を経て、確実に賑わいを取り戻してきている。

 

調理学校の存在や、各種のイベントなどを開催してきた名店街の努力姿勢が、結果につながってきたのだろう。

その学校が位置する交差点。マンション建設が進み、かつての景色から大きく変わっている。

近く完成のマンションは、外囲いが取り払われて高層を競っている。

一階には商業テナントも入るとか。

 

ますます賑わいを取り戻す街に発展していくに違いない。

住人として、それはそれで楽しみだ。


カープ女子です!

ちょっと話題が遠くなってしまったが、今期の広島カープの活躍はサイコ〜だった!

 

実はわたし、カープファンなんです。そう、世に言われる”カープ女子”です。

もっとも、歴はあるけど隠れ❔的存在だったかな?

でも、今期はY1と共にかなりコーフンして応援できた。

サイコーな気分でTV観戦した。

 

R1沿いに以前から気になっている看板がある。

「広島東洋カープ」をこよなく愛し、小んまい頃からカープファン!と謳った応援看板だ。

通過する時、私もよ!とつぶやいていた。

 

当然のようにセ・リーグ優勝直前(上)が「祝・優勝!!」V7達成とともに、看板は見事に書き直されていた。

日本一制覇は逃したが、達成したらどう変わったか、楽しみにしていたのに残念。来シーズンにかけていこう!

静岡でカープファン! 存在感ある声を出す、粋な男気に拍手を送りたい。

 

一方、大阪に住むY2が手土産に持ってきたのは言わずもがな!

 

一筋に応援する対象があるのはうれしいこと。期待される側になれるように、も頑張っていきたい。


 


祭りが始まるのに桜が??…!



桜の花をバックに、ピンクのおまつり提灯が映える。
さあ!いよいよ明日、4月1日から第60回静岡まつりが始まる。
メイン会場の駿府城公園は、只今準備中。

そんな公園内を、ぶらぶらとさくらウオッチング。

静岡のさくらの開花は、例年より5日も遅かった。
今年はどうしたんだろう!この状態だとおまつりには咲かないかも??
祭りに満開のさくらはつきもの、なのに・・・。

巽櫓から入って左手、しだれ桜はきれいに咲いている。
中央、沈床園や家康公の像あたり木はまだまだ。5分咲きほどのさくらの下、お花見を楽しんでいるグループはかなりいる。でも、総体的にはまだつぼみ膨らむ、くらいかな。
圧巻は県庁に通じる二の丸橋の土手、もと児童会館のあった場所にあるさくら。以前から見事な花を咲かせていた木だ。満開に近いほどに咲き誇っている。とってもきれい!
至近距離でシャッターを…。

桜の開花状態がまちまちだと、今年は長~く桜を楽しむことができるかもしれない。それはそれでうれしい。

我が家の藤の花、ことしも期待できるくらいの数の花房を付けてくれた。日に日にその房がのびてきた。こっちも楽しみ!!


浅間通りで行列を見つけた!

静岡浅間神社への初詣には、門前町として発展してきた浅間通り商店街を行く。
この浅間さんへの街、私の子供時代に比べると、すっかりさびれて、寂しくなってしまった。幼少時のお正月には両方の歩道に屋台がびっしり並び、なかなか進めないほど人出も多くにぎわっていたのに。

商店街の頑張りはあろうが、最近はお正月にシャッターを閉めた店が多く、空き地や駐車場が目立つ。
もちろん屋台なんか一つもない。
今度ゆっくり来てみよう!と思うこじゃれた店、趣ある店もあるが、以前を知る身には、ただただ寂しい。


そんな商店街で行列を見つけた!
早速並んでみた! (スマステーション風に…)

そのお店は、どら焼きを実演販売する和菓子屋さん。
名物おじさんがせっせとどらやきを焼き、おばさんが接客と販売を担っている。

以前から行列のできる店として有名だ。
作業しながらお客さんとトークを楽しむ、おじさんのキャラクターも人気だ。
当然ながら、職人としての技は話をしていても影響はない。

行列に飽きて泣いている子供がいたら、すかさず飴をどうぞ!
話し相手のお客にはどら焼きのかけらをど〜ぞ!、男にはやらないよ~なんてツッコミまで入る。

実演販売だから、ちょっと時間がかかるのが難…。そこを飽きさせないトークは自然の流れか。
結局45分並んで手に入れたどら焼き。一人5個までの数量制限。
しっかり形の残る粒あん入りで、あまり甘くない。
並んでいる途中で食べた”だんご巻き”は、薄めの皮で餡だんごを巻いた品。
焼きたて、鉄板の上から手渡されたそれは、皮がパリパリしておいし〜い!

好みの問題だが、並んでみたが時間がある時だからできたかな?


 

すでに師走に入って・・・

気がつけば今日は師走の3日。
2015年のカレンダーは最後の一枚。一年って本当に早いものですね〜!って、しみじみ思う。

水道局のビルは全体像が姿を現し、12月末完成へ向けて、最後の仕上げ工事が進んでいる。

ガラス張りのきれいなビルだ。しかし高層ゆえに、影響が我が家にも及ぶ。
陽射しがさえぎられてしまうのだ。
午前は10:30過ぎまでお日さまの顔が見られず、午後は3:00を過ぎると他のビルに隠されてしまう。

太陽の恩恵って大きい!!
今の時期、寒さが身に染みるトホホ…な気分だ。

青葉公園ではイルミネーションが煌めいて、いよいよ歳末だ〜!の気分になる。


駿府城公園のお堀周りを巡る”家康公の散歩道”に植えられた甘夏にはたくさんの実がなり、いい色になってきている。イチョウの黄葉も進んでいる。
今日の日中は意外と温かい、でも今夜には寒波がやってくるらしい。
そんな師走の一日。今日この頃の様子をウオッチング。

クレーンの解体


七間町通りに立つ水道局のビル、囲われていたシートが外されて完成が近い。
北側に設置されている巨大なクレーン。
すくっと空に伸びるオレンジ色のそれは、威圧感とともにビルの完成を見つめる指標のように感じていた。

今朝、そのクレーンの解体が始まった。

ワクワクする、へ〜、そ〜なるんだ!、興味津々、意外と作業時間は短くて終わるんだ!
子供が工事現場を興味深くじっと見ている気持ちと同じ。
クレーンが2本、隣接する地にいる。
大きなクレーンが伸びてオレンジの巨大な塔の先端に届く。
オレンジの塔は、いくつかのブロックの積み重ねでできている。
それを何回かに解体してクレーンで釣って下ろす。
その作業の繰り返し。

理解はできるが、何しろ巨大な物体。
解体、釣りさげ、移動、運搬。

釣り下ろされたオレンジの塔を、次に2本目のクレーンで再度解体してトレーラーに積む。

トレーラーが出ていくのも見ものだ。
かなり幅の広い道路なのに、いっぱい、いっぱい!!
交通整理の安全マンも4人いる。
どこに運ばれていくだろう、運搬先でも大作業のはずだ。


夫と2人、興味深く作業を見守る。
歩道にいた男性も足を止めてしばらく見入っていた。
同じ思いに違いない。

でも工事現場や回りからは私たちがウオッチングされている。
ヒマな??と見られたかな!


終わってみると、少し恥ずかしかったかも???
 

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net