お問い合わせ 
 
           

め組の喧嘩〜シネマ歌舞伎〜

清水区にある映画館に出かけた。ここではシネマ歌舞伎が上映されている。

今回の演目は「め組の喧嘩」

 

”火事と喧嘩は江戸の華”と語られている時代が舞台。

江戸の町を守る鳶衆と、人気の相撲力士との喧嘩が主題になっている芝居だ。

 

故勘三郎丈が、きっぷがよくて粋な鳶の頭を、小気味よいほどに演じる姿に魅せられた2時間だった。

 

今日は上演に先立ち、芝居の解説があった。

実際に起こった事件が題材になっているという。

役者の動き、セリフ回しの解説を聞いて、

あゝそうか!なるほど!と、より一層に映画を楽しむことができた。

 

気性は荒いが人情や責任感に熱い鳶の頭。一方帯刀を許され、人気稼業で肩をいからせて歩く力士。

男と男の、命を懸けた真剣勝負が繰り広げられる・・・。

 

「平成中村座」24年5月公演の歌舞伎。

最後には舞台奥の扉が開き、御神輿が参入する展開に!!

スカイツリーと神輿、出演者も役を忘れて立ち止まる、歓声を上げる観客。そんな中でエンドロールが・・・。

 

劇場では味わえない別の感動を味わった。

 

役者のリアルな動きや表情、汗が光る顔が目の前にある。

何をしているの?などない、よく解る動き。

劇場の遠い席からでは味わえないスリルと臨場感。

「シネマ歌舞伎」にはそれらが盛り込まれている。

 

地方では劇場に足を運ぶこともなかなかできない。そんな気持ちに応えてくれるのがこのシネマだ。

これからの作品に期待していきたい。


シネマ歌舞伎


シネマ歌舞伎って知っている?
若い頃、歌舞伎に興味を持ったのが、日本舞踊への道につながった!と思っている。
しかし人生を歩んでくるうち、遠い存在になっていった。

東京の劇場へ出かけないとみられない。チケット代が高すぎる。静岡からだとさらに交通費がばかにならない。加えてこれらを満たすのに時間(ほぼ一日がかり)が必要・・・。ゆえに、ますます足が遠のいていく。

そんな問題を一気に解決してくれるもの、それがシネマ歌舞伎だといってもいいかも。
近年は「月イチ歌舞伎」として全国どこでも鑑賞できる。
清水区にある映画館へは車で40分ほど。
時間を見計らって、ちょっと行ってきます!…と気軽にがうれしい。

スタンプラリーもあって今年は既に7作品を鑑賞した。
難を言えば放映期間が短くて見逃しがち、上映が一日に2回と合わせるのもちょっと大変。
でもそんな事より、はるかに気軽に見られることが何よりだ。

先日は「籠釣瓶」を見てきた。故勘三郎丈と玉三郎丈の舞台は、スクリーン故の見どころたっぷり。発見や、感嘆いっぱいのド迫力の舞台だった。オペラグラスを使っても、あの”超熱演”は見られないだろう!熱いものが…ウッッ!

劇場で舞台を見ているという気持ちになれる。スクリーンだが映画ではない、不思議な感覚を持てる。

故三津五郎さんの追悼特集が来年にある。
煌めきの”芸”をと歌っている。

勘三郎さんとの名コンビ「棒しばり」と「喜撰」の2本立て。
踊り上手の舞台を再び…、見逃すまいと思っている。

太田克樹が歌う「ひとりじゃない」

静岡県大生の歌う「ひとりじゃない」聞いたことあります?
7月10日にCDデビュー、全国に向けてオンエアされている。

TOKAIケーブルネットワークの番組に「トコカラグランプリ」がある。いわゆるカラオケ大会の視聴者参加番組だが、このグランドチャンピオンの座を獲得したのが太田君。そのご褒美でCDデビューとなったようだ。

好青年のさわやかな歌声は、さすがに引き込まれるものを持っている。
おばさま方、いえ多くの年代層に好印象に違いない。

ケーブルテレビ以外にもオンエアされ、耳にする。夏の熱戦、高校野球中継では、そのケーブル局でのテーマ曲として流れていた。

実は、デビュー前に太田克樹くんの「ひとりじゃない」を生歌で聞く機会に恵まれた。そのせいもあって、曲が流れると耳がより早く反応するらしい。
おばさん集団として、一緒に記念写真まで撮ってしまった。

応援しているよ!がんばって!その気持ちに嘘はない。

ネイルもおまつりバージョン

Y1はpc相手の仕事だ。毎日手先を見つめている彼女は、気分を維持するため??にネイルに凝っている。季節、イベント行事などにちなむ絵柄にも気持ちを込めている。

4月はもちろん”サクラ咲く” 
静岡まつりの夜桜乱舞に参加する彼女、意識したのは可愛い「竹千代くん」と大御所の「家康公」のツーショット。
出世大名の家康くんは頭にウナギのちょんまげを載せている。ピンクの衣裳もあでやかな竹千代君は静岡まつりに欠かせないマスコット。
そろっておまつりモードで花を添えている。


 

’13年の初春は・・・

 
個人的には“喪中” でも挨拶状を出しそびれた方々から年賀状が届いて、それは何かうれしい。
近年家族が揃う正月はなくなった。Y1は大阪中心にコンサートに出かけ、Y2はメールのみ。Y3はスキーに出かけた。ところがスキー場で高熱と腸をやられて早々に帰宅、暮れから体調不良の親2人と共にだらけたお正月になってしまった。
華やかさと言ったら、町中には“スケートリンク”が登場して子供たちでにぎわっている。

  
賑わいが遠のいたと言われる七間町通りには、おなじみの映画館の壁面をかざっていた“モザイク画”がモニュメントとして飾ってある。これは華やかな一場面。

重い腰を上げて行かねばならない!お墓参り。
夫はお正月くらい着物を着たい、と初おろしの大島のアンサンブルに袖を通して出かけた。私はアッシー君。

この着物、両親の形見にもらったもの。母の和ダンスにまだしつけのついたままで残されていた。2人がまだまだ元気な時に、父のために母があつらえたものだ。存在を知らせることなく逝ってしまった両親。
3人の弟も甥たちも着物に興味はない。じゃあ私がもらうと名乗り出た。

幸い夫は着物が大好き。体型が違いすぎるので仕立て直しの作業が必要だ。是非お正月に着たい、と無理を言って直してもらった着物をうれしそうに着る夫の姿。

両親が私のために作っておいてくれたの?と思える着物エピソード。

この野菜は?何???

 珍しい野菜作りが趣味の友人、私はいつもおいしい頂き物をしている幸福ものだ。その彼女が持ってきた野菜がこれ???
 
とげとげの形をした野球ボールよりやや大きめの野菜。

カボチャの一種らしいけど、ズッキーニの仲間かも?の声も聞こえる品物。本当に面白い形に見とれてしまった。写真左の野菜は、テレビに出てくるキャラクターに似ている?、右の品は平たくてお星さまみたい!

楽しくて夢のある奇妙な?野菜。
食用にはならないか、やっぱりオブジェに限る!ということで飾ってみた。

変わりゆく七間町


静岡の中心地、葵区七間町界隈が今話題になっている。
映画街として栄えてきた町から4つの映画館が撤退し、解体が進むビルは次第にがれきの山になってきた。他にも空き店舗が目立ち、かつての賑わう七間町に人通りは激減している。

そんな中で、築10年程の映画館を活用しようという動きが七間町商店街有志を中心に起こっている。242席とスクリーン、映写機がそのまま残っている施設を、多目的施設として活用できたらという趣旨の見学会があり、早速参加した。数社の報道も入り、後日特集として放映されていた。

発表の場としてのホールを、と考えてみるとまだまだ設備の面では不十分な施設だが、意見交換会では劇団関係者や独自の活動をする人たち、同様の施設の支配人、知識人が様々な意見を述べていた。より良い方向に発展していくといいなと思う。

昭和通りと七間町通りの交差地にあるこの施設は、申し分のない立地条件で、200席は小劇場で運営するのに無理のない数だ。映画も演劇も、舞台もと多目的に使える施設がベストだが、家賃や改造費、維持費・・・費用面だけでも問題は山積だろう。

市民が各種の活動をする時代、その発表の場としての施設が少ないとの声はよく聞く。利便性を条件に挙げるのは当然な流れだが、そんな施設が少ない。市民の声を生かし、熟考してより良い施設利用が実現することを切に願っている。

ハートのキュウリ

  ハートキュウリ
 
最近の“ほー!何とビックリ!出来事”の紹介。上の写真のようなきれいなハートや星型になっている正真正銘のキュウリを頂いた。

以前ソーメンかぼちゃを私に教えてくれたお宅の産物だ。家庭菜園と言うには大規模に栽培し、各地で珍しい野菜に出会うと種を仕入れてくるという研究者でもある。ご主人と共に育てた野菜を私はただ頂くだけ、おいしい思いだけをしている果報者だ。

「おじいちゃんって天才〜!」 そんな彼女のかわいいお孫さんの一言!の理由がハートのキュウリだ。誰だって驚く!さっそく、私も見た〜いとおねだりして持ってきてもらった。きれいに出来上がった形にY1ともども“ウ〜ン、見事!”と感嘆の声をあげた。

キュウリがまだ小さい頃に“枠”にいれておくと出来る。理屈は単純で、近年四角いスイカでもおなじ用に作られている。でも身近なサプライズ効果には充分だ。外見はデコボコしてちょっと二級品とも見えるのを切っててみると・・・、このギャップがまたいい。
キュウリ トマト
ブログ用の写真を撮ったあと、スライスしてサラダにして食べたのだが、薄く切って混ぜると形の特徴が出にくい。丸かじりで味わった方が最後まで“形のおもしろさ”を楽しめたかもしれなかった。ちょっと残念。追伸、我が家のベランダのミニトマトも食べごろを待つ。

吊るし雛展のおしらせ

 突然東京在住の友から電話がきた。押しの強い彼女の存在は、私的事情で少々ばて気味の私に“カツ!”を入れてくれた。

自由奔放?に生きる彼女が、今夢中なのは“吊るし雛” 以前紹介したこともあったが、交友の広さと積極性ゆえか、作品をおいてくれる店まで開拓して頑張っている。 さてTELの真の用件に入ろう。


11月22日(月)~23日(火)

読書空間みかも
  (世田谷区奥沢2-33-2  ☎03-3718-2011)

「土佐和紙ペーパーラボ手仕事」とコラボして
   「吊るし雛展」を開催


会場の「読書空間みかも」は松島奈々子主演の映画「ゴースト」のロケ地に使われた家屋とか。情緒のある建物で、話題性もある会場だと彼女は力説する。

興味のある人は是非お出かけください。
  

  


ネバーギブアップ!

ついに梅雨入り。ジトジト、ジメジメ、と嫌な季節に突入だ。

そんな中、小惑星探査機「はやぶさ」が数々のトラブルに打ち勝ってなんと地球に戻ってきたというニュース。エンジンの修理を遠隔操作でやり、行方不明の探索を成し遂げ、はたまた予定時間をはるかにオーバーする7年もの宇宙の旅から、無事に目標地点に誘導落下させた。というクラクラするようなことを「日本の技術者」はやって遂げた。

まさに「ネバーギブアップ」の精神だ。もちろん技術力が優れているのは言うまでもないことだが。

今夜はサッカーのワールドカップ「日本−カメルーン」戦。期待と熱気が列島を覆い、渦を巻くだろう。がんばれJAPAN!

     植物  花  植物

花壇の植え替えをした。琉球朝顔がつるを増してきている。支柱に誘導して程よい形にしたいと思うのだが、勢いに負けてしまっている。一月以上変化がなく失敗かと思っていたアボガド、鉢を掘り起こしてみたら根が出ている。あわててプランターに埋め戻す。やや深めの鉢に見慣れない芽が出ているのを発見した。やったぁ〜!これはアボガドに違いない、ついに芽を出した。

「ネバーギブアップ」小さなことだが、私の心が叫んだ!

| 1/4PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net