お問い合わせ 
 
           

ギャ〜!!な出来事

昨晩のこと。

風邪をひいて苦しそうなY1は早めに部屋に引き上げた。

私はちょっとゆったりしていた・・・、がパニック状態になる出来事勃発!!

 

部屋で寝ていたはずの彼女が「大変、タイヘン、たいへん、ど〜しよ〜〜!!」と駆け込んできた。

 

なんと!部屋に蝙蝠が迷い込み??ぐるぐる飛び回っている。

いつ?どこから?なんて考える暇なんかない。

何とかして外へ出さなくっちゃぁ?どうしたらいい?

 

窓を全開にして、ほうきとモップを手に、ひたすら窓へ〜窓のほうへ〜。振り回して、追いやるつもり。

怖くて?へっぴり腰なのが解る、おかしいが必死だ。

 

蝙蝠も飛び回って疲れる?のか、壁に留まって一休み?

でも、なかなか外へ逃げ出る気配がない。

 

一晩中窓を開けておいたら出ていくか?

別の何かが入ってきたら、もっといやだ〜〜。

 

30分以上も奮闘しただろうか?

状況は変わらない、時間と焦りが増すばかり。

 

ビニールの袋を虫取り網のようにして、壁の蝙蝠に近づく。

意を決して(Y1が動いたから本心は解らないけど…)

エイや〜〜!!

 

入った〜〜〜。

無事に家の外に逃がすことに成功。

 

夜中に女子2人の奮闘劇。

再演はまっぴらご免被る、の顛末記。

 

お粗末!!

 


富士山の日

2月23日は223の数字並びで「ふじさんの日」

静岡県が制定した記念日だ。

世界遺産の富士山を美しいと眺めるだけでなく、郷土の宝としよう?という意味もあるのかな。

 

写真は、富士市に本社を置く和菓子店のヒット商品。

銘は「富士山頂」

雪を頂いた富士山をイメージしたお菓子、そのままだネ?

「富士山の日」限定商品として店頭を飾っていた。

定番の商品をはるかに超える、超ビックな大きさ。

比較対象として左隅に10円硬貨を置いてみた。

”限定”に弱いY1。戦略に釣られた一人だ。

 

違う角度から高さを狙って撮影してみた。

やっぱりお饅頭だね、高さは出ないな?

 

コクのあるクリームを、しっとりフワフワのスポンジでくるんだ、とってもおいしいお菓子。

それも特大サイズ。

大きすぎて飾って置こうか?

食べでのあるボリュームだ!

しばらく鑑賞してからゆっくりと・・・。

 

我が家では、このお菓子を”おっぱい饅頭”と呼ぶ。

初めて目にしたときの感想がそのまま愛称となったほど、親しみのあるお菓子だ。

 


明けましておめでとうございます

 

2018年、静岡の元日は穏やかです。きれいな青空が広がり、寒さもあまり厳しくは感じない。

 

「はじめの一歩」のブログを目にして頂き、ありがとうございます。

日本舞踊のこと、夜桜乱舞などのお祭り、日々感じたことなどを綴っていきます。

これからもどうぞよろしゅう、ご贔屓におたのぅ申しますぅ⤴。(京ことば風に…)

 

 ◇  ◇  ◇

今まで日本舞踊に携わってきた年月は、総体的に能天気な性格が幸いして、楽しく踊ってこれたようだ。

稽古することが好き、から教える喜びも感じるようになった。常に、生徒や同志に支えられ、励まされているためだと強く思う。

 

しかし、苦しいことや辛いことだって多くあった。

でも踊りと向き合ってきたことで今があると思うと、過ぎた日々が私の心を育て、鍛えてくれた結果なんだ、と思える。

癒しには時間がとっても重要。やがては穏やかな平常は、絶対にやってくる、はず。

 

”ケセラセラ!”と笑い飛ばすまではいかなくても・・・。

前向きに、ひたすら自分の思うままに…。

”自己チュ〜”を目指していきます。

 

 


楽しく飲んでおしゃべりしよう〜!

何かの行事が終わると、飲んで食べて、大いに楽しもう!と懇親会をやるのが常になっている。

 

夜桜が終わって久しい頃、やっと開催することができた。

いろいろあって忙しかったのよ、と言い訳しつつ・・・。

 

連絡を待ってたのよ!、夜桜参加者じゃあないけど!いい?、顔を忘れられないように参加ね!

理由や言い訳は行き交うが、声をかけると常に10人以上が集まる。

大した団結力に感心する、でもうれしいじゃあないか。

 

情報通の若者が幹事を引き受けてくれる。

おばさん?組が知らないようなお店を探してくるのも楽しみだ。

今回は女子会になったが、男子や親子が参加することもある。

 

この人たち、かなりの酒豪揃い。

下戸もうらやむ飲みっぷりに驚いたり、あきれたり…。

話が盛り上がったのは言うまでもない。

 

さあ次は夏ね!

解散後も、待ち遠しいネの声が聞こえてきた。


バースデープレゼント!

それは、早朝に友の電話から始まった。

 

「ねぇ、新聞見た!早くみて、見て〜〜!」

 

新茶特集の記事を載せた静岡新聞の朝刊。ご当地ソング「ちゃっきり節」関連の話題から、先日開催の夜桜乱舞「平成ちゃっきり節」を踊る写真が大きく掲載されていた。

この写真こそが、門下生の連「FA+まつり隊」だ。

 

先頭で楽しく踊る2人は”たっつけ袴”というお祭りの衣裳を着て踊っている。

衣裳が目立ったのか?そんな事はない!はずだ!踊る姿がよかったんだ!と自問自答、納得する。

 

うれしいことでスタートしたこの日は、実は私の誕生日。思いがけないバースデープレゼントにうれしさ倍増!の気持ちだ。

 

前日の週末、手伝いに帰宅した子供たちと五月人形を飾った。これで雛まつりの後の歳時記は滞りなくできた。

 

そして、子供たちが用意してくれたケーキで”ハッピーバースデー”も済ませた。

 

ケーキが美味しいのはもちろんだが、いろんなことが、やさしさが、どれもがうれしい。

辛いことや悲しいことがあっても、世の中捨てたもんじゃぁないな!ってつくづく思う。

弱気にはならない、楽しくやろう!

なんたって私の取り柄は「前向き、ケセラセラ!」なんだから・・・。
 

 


両陛下歓迎ムードにわく

 

小雨の降る7日(金)

国賓として来日されているスペイン国王ご夫妻、と共に静岡をご訪問された天皇皇后両陛下。

 

スペインとの友好を語る、約400年前にスペイン国王から家康公に贈られた「家康の洋時計」を鑑賞された。

浅間神社では稚児舞楽や木遣りを鑑賞、地震防災センターなどもご訪問くださった。

 

市内各地を回るのに家の前の道路を通ることになっている。

数日前、パトカーやハーレー?の車列を見かけ、予行演習かな、と思っていた。

警察官の姿もよく見かけるこの頃だった。

 

そして昨日、7日。

11:00からの稽古に来た人が、静岡駅で両陛下のお迎えを待つ人たちの様子を熱く語ってくれた。

午後から稽古の人を交え、じゃあ3人でここからお見送りしよう!ということに。

 

まず2:45頃、スペイン国王ご夫妻の車列がやってきた。

私には国王の”振っている手”しか見えなかった。

一緒に見た人は、王妃はブルーの洋服だったよ!としっかり観察していた。

 

さて次は両陛下を待つ。

あちこちに待機する警察官の指示で場所を移動。

歓迎の人たちが集まっているところは、車がゆっくりと進んでくれるという情報。

 

新聞社が集う人に国旗を配っていく。

小雨交じりの中で待つのはチト辛い。でも3人なら「なんくるないさぁ!」

 

仕事ながら、懸命に群衆の整理に動く警察官(ソフトムードのためか?私服を着た人が目立った)はえらい!

みんなを一か所に誘導、コーンで仕切ったり、通行人に説明したり、とにかくよく動いている。

 

でも、警察官の言葉に聞く耳持たず、なんで規制されなきゃあいけない?と勝手な言動のおばちゃま?もいて、悲しい気持ちになった。

 

やっと日の丸を振って両陛下を歓迎する、車列が見えてきた。

 


ひな人形を飾らなくっちゃ!

雛まつりが近い!

 

そうだ!お雛様を出さなくちゃあ!

年中行事の中でも、大切にしたいと思うけれども大変な作業だ。

 

Y1のお祝いに、実家の両親が贈ってくれた7段飾り一式のお雛様。

お人形の数が多いうえに、一体に装着する小物が多い。細かい作業に指先が思うように動かない。

 

例年、夫が奮闘して飾ってくれたのに、今年は助っ人にならない。

孤軍奮闘か?と心配したが、大丈夫だった!

 

天袋から雛飾り一式を運んでくれたのはY3。Y1と共に3人の共同作業でひな飾りはどうにか完成した。

 

転勤で数年間は飾らなかったが、40年近く、我が家と子供たちの成長を見守ってきたひな人形たち。

一年に一度だけの”お目見え”だが、気持ちを、家中を明るくしてくれる。うれしいことだ。

 

さて、2か月もしないうちに次は五月人形だ。

勢いとノリで、私に任せて!!って言いたい。


富士山の日


今日は何の日? と問えば
「富士山の日」と答えるのが静岡県人。
2月23日を「223・ふじさん」と語呂合わせをして記念日にしている。

テレビでは「つつみ」と語呂合わせをして風呂敷の特集をしていた。
言葉遊びの心というか、日本人ってこういうのが好きだな!

先日、日本平山頂で見た富士山。梅の花に生えてとてもきれいだ。
風があるせいか、雲がかかっていても、しばらくするとくっきりと雄姿を見せてくれた。
しばらくの時間、寒さもいとわずその姿に見とれていた。
 

2016年明けましておめでとうございます


 
 謹賀新年
  2016年元旦

静岡の元日は風もなく、穏やかに明けた。
昨夜は深夜2:30まで”生さだ”を見た為、起床は8:30。既に昇った”初日の出”をベランダから拝む。
いつもと同じ、私のお正月がスタートした。

午後1時過ぎ、お浅間さんと慕われる静岡浅間神社に初詣に。
陽気が暖かなせいか、わりあいに人出も多い。

今年のおみくじは”吉” ゆっくりと運気が良くなる!と出た。焦らずじっくりと、一歩ずつ!ということだナ。

面白い?素敵な出会いが2つ。

まず、獅子舞のかぶり物?洋服?を着たワンちゃん。
思わず可愛〜い、写真撮らせて!


次に「今川さん」
静岡の非公式キャラクターって知ってた?
家康公一辺倒に沸いた昨年、民間有志によって誕生、今川義元公をモデルにしているとか。

なかなか愛嬌ある風貌で、実はY1が惚れ込んでいる人?
彼女曰く、人気じわじわ。中心になって動いているクリエイターの見せ方がうまい!らしい。


よくある可愛いだけのキャラクターでないところがいい。
釣り上がった目やへの字口、涙もチャーミングに見えてきた。





 

被災地の方々にお見舞い申し上げます。

台風、火山噴火、大雨による洪水、土砂崩れ、地震・・・。
このところ、相次ぐ災害により日本列島は混乱している。
各地の多くの被災者に、心からお見舞い申し上げます。


ここ数日の報道は、河川の決壊で孤立した人たちを、ヘリコプターで釣り上げて救助する光景を伝えている。
無事救出される被災者に安どすると同時に、自衛隊、消防等の防災関係者の存在の大きさを、改めて知ることにもなった。


ヘリコプターで救出される事故!
実は3か月前に我が家で体験したことだった。

夫が6月のある日、近くの山に出かけたまま帰ってこない!!
何の連絡もないまま日没を迎えてしまった。

おかしい!絶対おかしい!!

翌朝から消防、警察の方々に捜索をお願いして、無事に見つけてもらうことができた。
結局、沢に滑落して動けない状態で一夜を過ごしていたという。

低体温と骨折で発見されたため、消防のヘリコプターによって下山、救急車で病院へ搬送されて救出劇は落着した。

ただただ頭が下がるだけ。
多くの方々の力によって助けられた夫の命。決してオーバーではない、人の力の大きさを思い知らされた。

関わってくれた方々一人一人の力のおかげで、今日の夫がいて、わが家族が存在している。
月並みな言葉だが、感謝以外の言葉はない。

3か月が経過した今、骨折の痛みはまだあるらしい。が、普通?の生活に戻るべくリハビリとトレーニング?に励む夫。行動範囲も広がりつつある。心配しながら、状況を見守っている。


堤防決壊という突然の災害にあった人、心が折れるようなつらい体験をした多くの人たち。
身を挺して救助活動をしてくれる人たちの姿に励まされたことと思う。

くじけないで!!明日を信じて!少しづつ、ちょっとでも前を向いてほしいと思っている。

応援してくれる人たちはきっといる。近くに、全国に、たくさんいるはず!!
 

| 1/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net