お問い合わせ 
 
           

「藤泉会」に向けて

9月17日(月・祝)に開催される日本舞踊教室の発表会。

「藤泉会」(あざれあ6階ホール、12:00開演)に向けて、稽古にも熱?が入ってきた。

今回は稽古場を出て、広い場所を借りて練習をした。

立ち位置や小道具の使い方、キメのポーズなど…、みんな一生懸命に練習している。

 

演目の一つ「京鹿子娘道成寺」は、日本舞踊の中でも大曲と言われる踊りだ。そして舞台で踊ってみたい!と思う演目だろう。

自身が踊ることは叶わなかったが、今回「私のチャレンジ」という気持ちで教室生が踊る。

6人立ちで。

玉三郎丈の「5人道成寺」とはかけ離れすぎているが、こんな演出もあり??と自問自答する。

 

中啓を持っての出、町娘の手踊りから毬唄、振りだし笠と続く。手ぬぐいの踊りはクドキ。”鞨鼓かっこ”と言う太鼓を付けて出てきた後は”鈴太鼓”という振り鼓をならして楽しげに踊る。

本来はこの後化身し、鐘に上って・・・。

と進むところだが、教室生の勉強、私のチャレンジという演出で、本筋からは離れて終わる。

 

6人それぞれが、一生懸命に踊ることは間違いない。

私はその部分の踊りの意味を伝え、振りや小道具の扱いで「どう表現するか」を伝える努力をしてきた。

師弟ともに、何事も勉強!!!何たって30分超の大曲だ。

 

話題は変わって、教室生は常に楽しく稽古をしている。だから発表会はたのしい!

インターネットで、演目にふさわしい着物を探してゲット!

重い着物を抱えてきて、帯と合わせる相談をされたり。

この振袖を着たい!と我が家のレンタル着物から物色したり。

プラスαの話題と笑い声が絶えない。

勿論、発表会に至るまでの稽古を忘れてはいない。

苦だけじゃあない、楽しみを持って臨む心意気にはいつも感心している。本当に頼もしい生徒ばかりだ。

そんな人たちと、これからも楽しく日本舞踊を続けていけることに感謝、感謝の日々だ。

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net