お問い合わせ 
 
           

「羽衣の舞」は10月13日(土)

故郷、久能中平松の神社に伝わる伝統の奉納舞「羽衣の舞」 歴史ある舞の指導を始めてからだいぶ年数が経過した。

今年は小学生が12人、夏休みから練習に励んできた。

 

当学区は複式もあるほどに生徒が少ない。その中で参加する女子児童はさらに少なくなる。

継続は伝統を守っていく上で最大の要素だが、現実は厳しい。

しかし今回は大谷小からの参加者もあり、関係者の努力が見えて嬉しい。

 

「天羽衣神社・あまのはごろもじんじゃ」名前が示す通り、羽衣の天女を祀る神社の例大祭が、10月13日(土)に開催される。

その時に奉納されるのが、100歳余になる地区のご高齢者も踊った「羽衣の舞」だ。”伝統”という価値がある奉納舞だ。

 

今週の土曜日。

立て続けに襲ってきた台風も、今週末は大丈夫?だろう!

関係者はそろって”絶対いい天気だ〜!”と声を大に叫ぶ。

私だって、子供たちだって願いは同じだ。

 

三保だけじゃあない、もう一つの羽衣伝説。

私はこの地区の話のほうが、地域の生活に根差しているように思う。

そこから生まれた伝統の「羽衣の舞」

多くの人に興味を持ってほしい、知ってほしいと願っている。

13日は13:00から、2回奉納される。

 

10日土曜日、駿河区中平松「天羽衣神社」へ出かけてみてほしい、是非に!と思う。

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net