お問い合わせ 
 
           

いよいよ!「羽衣の舞」

「羽衣の舞」を奉納する日。心配された雨はないが、風が強くて舞台を囲むブルーシートがはためいて心配なほど。

でも子供たちは元気に集合して、まずはお神輿を引いて神社から出発していった。

 

午後1:00から舞の本番が始まった。

風にもめげず!!立派に舞い終えたことは言うまでもない。

が、舞台裏に控える彼女たちの顔は緊張しきっていた。

 

「どうしよう、どうしよ〜!」と全身で必死に訴える姿がけなげだ。

「手のひらに”人”って書いて飲んでごらん」「観客はみんなジャガイモ、落ち着いて!」なんて、雑談や戯言を言って落ち着かせる。今まで一生懸命練習してきたんだから、大丈夫しっかり踊れる。

 

弟子も応援に踊って参加してくれた。

「羽衣の舞」を踊り終えた子供たちは、法被に着替えて次を待つ。

大事な奉納舞を無事に終えた安ど感からか、笑顔いっぱいで舞台を見ていた。

 

今年は無事に終えることができた。

子供たちには、来年も絶対参加してね!と声をかけたが、小学生が少ない。来年度の新入学児童、女子は1人だけだという。

継続することの難しさが、目の前に見えてきている。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net