お問い合わせ 
 
           

紅葉とたらい舟 in 大垣

紅葉が見事な季節。今回は岐阜にやってきた。JR岐阜羽島駅からバスに乗っての観光ツアー。

早朝出発が超ツライ!が、来てみれば ”おぉ、ワォッ!”の景色に感嘆の一日だ。

大垣は水の都と呼ばれ、大垣城の外堀から水路が伸びている。ここで今日の目玉?の「たらい舟」に乗船。

何ゆえ「たらい舟?」関が原合戦の折、たらいに乗って城から逃げた!という伝説が由来らしい。

水路には桜が枝を伸ばし、紅葉している。春にはさぞかし!と思いをはせる。

城の石垣や住吉灯台、船溜まりの名残、水中には緑鮮やかな藻が流れになびく。豊富な湧水にゆ〜らり揺れながらの30分、なかなか楽しいたらい舟だ。

 
当地は松尾芭蕉の「奥の細道」結びの地ともいわれている。

河沿いには句碑もあり、記念館で芭蕉の旅を体感できる。

 

1600年、天下分け目の「関ケ原の合戦」学んだ出来事が、戦いが、目の前で繰り広げられたのだ。

西軍・石田光成が見ていたと同じ景色、陣跡”笹尾山”からの眺めだ。

素直な第一印象は”へェ〜、意外に狭いんだ”

最も、建物などない時代、兵は徒歩、相対して戦うには余りある広さに違いない。

光成は最強の布陣を敷いて、よもや負け戦になろう!とは露にも思わなかった?だろう。

 

「多良峡」の紅葉は、今が盛りというほどに見事な色だ。

河原に下る散策道わきも、きれいな紅葉だ。つり橋も観光スポットになっている。

残念に思うのは、散策道のためか、紅葉する木の植樹か?切り株が目立つ。

 

山道に駐車している車の多いこと。乗ったバスが通過できず、しばし待って!という事態もおこってしまった。

整備開拓と自然の保護と、難しい選択を感じた。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net