お問い合わせ 
 
           

博多にやって来た~ちょっと遠い!

東海道と九州新幹線を乗り継いで博多にやってきた。

静岡富士山空港には、福岡空港まで直行便もあるのに、あえて新幹線。九州新幹線とジパングの割引が魅力、何より早朝が苦手故に近場のJRが便利。

旅はチョット前になる。駅や周辺のイルミネーションがとってもきれいな時期だ。

「博多祇園山笠」が展示されている櫛田神社へお詣り。

聖一国師の縁で、おまつりには静岡から”水”が運ばれるとか。

豪華絢爛な山笠が数年前静岡にきた。一致団結!して引く勇壮な山笠に、博多っ子の心意気を見た記憶がよみがえる。

境内にはイチョウの大木が多く、まだ葉を持つのもある。

なぜに?「櫛田の銀杏」と呼ばれて御神木だとか、納得。

 

アート的要素を感じる博多塀が美しい。

 

精力的に歩く。

川端商店街を行き、伝統工芸館で博多の伝統に触れ、博多座も位置確認した。工芸館では博多人形の職人さんと話し込み、いろんな博多情報をゲットできた。

ところで、「黒田武士」の博多人形について一言。

民謡黒田節の歌詞通り、朱の大杯を脇に抱え、槍を持ってポーズを決める人形!が私のイメージする博多人形。ところが、Y1はひな人形かおぼこのイメージしか知らない、黒田武士は見たこともない!と言い張る。

専門店を覗いてもその姿はない。生活の中に博多人形を見なくなっているのも原因のひとつか?

「黒田節」を踊るとき、人形の解説に??と反応する生徒は現実だった。

 

先の工芸館の展示でも、歌舞伎人形が主だった。

 

 

 


 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net