お問い合わせ 
 
           

日本舞踊に思う

先日、宗家藤間流の舞踊公演「要会」を鑑賞する機会があった。

これからの流儀を担うべく選出された、若手舞踊家を中心に舞台が繰り広げられた。

どの演目も見ごたえがあり、一挙手一投足がとても美しい。しなやかなのに、強さをも感じ取れて感動した。

 

舞台面の美しさは言うまでもない。が、演者の振りや次の所作に移る動きが自然で美しい。

見ていて、スッーと頭に入って受け入れることができる。

心地よい舞台を、時間を体験できたことに感謝したい。

 

宗家藤間流の踊りは、歌舞伎舞踊を踊ること、品のある芸風を受け継いでいくこと、だといわれる。

要会の舞台には、まさに”品位”が感じられた。

舞台っていいなぁ!

当流のお稽古を続けてよかったなぁ、と改めて感じた舞台だった。

 

一方、地方都市で日本舞踊活動をする私は、現実的に、先の”伝統を品よく伝承”とは程遠い。

よそ見が多く、興味あることに挑戦して活動を広げている。

それらはやりがいや楽しみには結びつくが、芸の道一筋ではない。

 

私流を貫きながらも、ふと原点に返るべきと心の声。

そんな時、舞台で感じたことを思い出す。

 

そんな、でもいいかナ!

と、自己完結しまう私がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net