お問い合わせ 
 
           

北斎の浮世絵

上京の折、浮世絵を見ようと「すみだ北斎美術館」へ出かけた。

両国駅から歩く、浴衣姿のお相撲さんをそこそこに見かける。横断歩道を行くのはまだ入門間もないお相撲さんかナ?髪も長くはない。自転車で走り抜ける力士もいる。

ギボシ?を載せたような、国技館の屋根が近い。

美術館の窓からはスカイツリーも臨める。
あまりにも有名な「富嶽三十六景・神奈川沖浪裏」をはじめとした浮世絵を楽しんで見た。

 

浮世絵の多くが海外に流出して、日本の貴重な文化財としてとても残念に思う。

そんな時、日本美術の宝庫として知られるアメリカのフリーア美術館の協力、京都文化協会とキャノンが推進するのが「綴プロジェクト」。門外不出の、フリーア美術館が誇る北斎の肉筆画コレクション。現代の先進技術による高精細複製となってすみだ北斎美術館にやってくる。所蔵の作品を含めた”北斎の世界”が鑑賞できる。

6月25日~8月25日、日本では絶対見ることのできない作品を、目にすることができるのは貴重な機会だ。複製画についての賛否はあろうが、身近に見られることは歓迎すべきことだと思う。

機会あれば足を運びたい。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net