お問い合わせ 
 
           

「羽衣の舞」は10月12日

8月もあと一週間で終わる。

暑かった〜!! いやまだまだ暑い日は続くが、夜はかなり過ごしやすくなってきた感がある。

 

夏休みに入ってから、ことしの「羽衣の舞」の練習が始まった。

今回は女子小学生が11人。一年生を含めて、始めて参加してくれた生徒が3人いる。

 

舞の主役を務める5,6年生は、いずれも1年生の時からの参加者だ。

やっと天女ができる、伯了になれる!と、嬉しそうに心強い言葉で話してくれる。

週に一回の練習で、10月に向けて完成させていくのだが、彼女たちの気持ちを聞いたら安心だ。

 

6年生が一人、5年生は安定多数で今年は難無い。だが4年生0、続く学年も人数がぐっと減っていく。

私が関わって以来の危機が控えている。関係者ともに尽力してくれてはいるが、絶対数減ではどうしようもないか?

 

対策を講じつつ、出来る限り続けていく。これしかない。

 

 

夏休みの練習期間中の楽しみ、地域のおまつりで「いちご音頭」などの踊りを披露してきた。これが台風の影響で中止。

学区の敬老会では「羽衣の舞」を予行練習?を兼ねて披露してきた。

これも諸事情で延期。日程調整できないと参加中止になる。

 

大きなイベントの成り行きに、残念の言葉しか出ない。

子供たちも楽しみにしていたのに…。

 

でもある日の休憩時間、本格派のかき氷機がやってきた!

ご注文は”イチゴ、レモン、メロン、それともカンロ?”と!

地域のおじさんの計らいでかき氷やさんが登場、楽しく縁日気分をちょっぴり味わった。

 

子供たちは勿論、役員や多くの地域の人たちの協力も嬉しく、ことしの「羽衣の舞」の練習は順調に進んでいる。

 

10月12日(土) 13:00〜 ( 複数回披露 )

静岡市駿河区中平松・天羽衣神社の特設舞台

 

三保に伝わる羽衣伝説。同じ話がこの地にもある。

現存する「天羽衣神社・あまのはごろもじんじゃ」の奉納舞として伝わっている。

歴史ある、伝統文化を継承する女子児童の「羽衣の舞」を、ぜひ見にお出かけください。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net