お問い合わせ 
 
           

日本舞踊のお稽古に打ち込む時

コロナウイルスによる混乱がまだまだ続いている。

 

市外から日本舞踊教室に通う中学生がいる。

課外活動は日本舞踊だけでなく、将棋や空手など多方面に興味を持つ元気な生徒だ。

そんな彼女は嘆いている。

 

学校が休校だけでなく、週4日も練習に打ち込んでいた空手の大会が中止になってしまった。今度こそ!と励んでいた昇段審査も延期になってしまった。

大好きな将棋も、会場が使用禁止でできない。

元気いっぱいの生徒なのに、意気消沈してストレスはたまる一方!の状態だ。

 

主宰する「宗家藤間流日本舞踊教室」は、そんな中でも普段通りお稽古は続けている。

個人お稽古で、時間は予約制。決して広くはない教室だが、マンツーマンで楽しく練習している。

もちろん、衛生面に気を付けることは忘れてはいない。

 

先の彼女、長唄の「越語獅子」をお稽古している。男の振りで、かなり元気よく踊ることを要求される。

ストレス解消に最適?ではないか!

休止も会場閉鎖もない、日本舞踊のお稽古に励んで、楽しんで乗り越えようではないか!

私もそうしよう!ウイルスに負けるものか!と思っている。

 

当たり前だと思っていた生活がそうでなくなった時、人間力が試されるな?と考えさせられる。

そんな事が原因?と思われる、とんでもない事件も起きている。

一日も早く、平穏無事な社会、いつもの生活ができる日常に戻ってほしい、切に思っている。


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net