お問い合わせ 
 
           

日本舞踊のオンライン稽古

新型コロナウイルスの脅威が続く。日を追うごとに感染は広がって、先が見えないだけに不安がつのる。

 

首都圏と中京圏に挟まれている静岡県は、逃げ場がない? しかし、毎日発表されるコロナ陽性者を心配しながら、家籠り状態ながら表向きは平穏な生活が続いている。

 

主宰する日本舞踊教室は、25日(土)から暫くお休みして様子見だが、今週は続けている。

何ゆえ!と叱られそうだが、私なりの考えを持ってこなしている。

もちろん生徒に告知して、自主的にお休みする人もいる。実際に通ってくる人は数人のみだ。

 

日本舞踊を指導する人のブログを読む中で思うことがある。

「オンラインお稽古」に切り替えた先生の話が目につく。年若い先生方が率先して取り組んでいるようだ。

ある京都の先生は、特にオーストリア在住のお弟子さんに大好評、と説く。来日しないでお稽古できる、より熱心に取り組んでくれているそうだ。新たに募集もして、オンライン効力を実感していると綴る。

この機に始めたと言う先生方のブログが、配線やらの苦労話や繋がる喜びと共にアップされている。稼働する教室は、総じて順調に進んでいるようだ。

 

首都圏で活動する先生も、お弟子さんに宿題と称して動画をアップしている。踊りを忘れないように練習して、と気持ちを込める。

 

できるかも?? とんでもない!!という中で思い出すことがある。

HPをアップしたりブログを書いたり、周りの人には私はITに明るいと見えるらしい。

ところがどっこい!

興味から始めたITだが、できる事だけ、いつも通りの事項だけをやり続けているに過ぎない。新しいことには手を出さない。

問題が発生した時は迷わず理解する人の手にゆだねる。これが現実、わたしのITだ。

 

今までに、外国から「日本舞踊のレッスン」の問い合わせが複数回あった。

その国に行くことしか選択肢がなかった私は、否しか返事ができない。熱心に語る内容に、日本舞踊の一つの道を垣間見た思いがあった。

 

今、同じ話を聞いたら…。

私に意欲は失せたが、若い人には挑戦に値する機会になるのでは、と考える。

とにかく、柔軟な思考と行動力を持つ若い日本舞踊家が増えていくことを切に願う。

 

”しきたりやしがらみ”ばかりに囚われすぎないで。

伝えること、守ること、大切なことはしっかり心に刻んで。これは重要なこと。

でもじっくり考えて、必要なら打ち破る勇気も持ちたい。

 

若い人だけでなく、私も自分に言い聞かせたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net