お問い合わせ 
 
           

芸術を維持するには…!

日本舞踊は古典芸能で、長い伝統を持つ舞台芸術でもある。

好きで続けてきた私の日本舞踊活動だが、稽古をするだけから意識が大きく膨らんでいる。

多くの人に日本舞踊のよさを伝えたい、いわゆる普及活動に重要性を感じている現状だ。

 

どんな事を、どうすれば!が問題だ。

多くの人に日本舞踊を知ってほしい。一つの手段として日本舞踊の舞台を見てほしい、と考える。

 

県の芸術祭「翔の会」は日本舞踊、現代舞踊、クラシックバレエの3部門合同の発表会だ。

先日、清水区で開催されたその会に出かけていった。

幕開きは日本舞踊から始まる。

絶対バレエを習う子ね、ダンスの先生よね!と見受けられる多くの観客がいる。

そう、彼女たちの目には日本舞踊の舞台面が届いているんだ。

 

とっても有意義な機会ではないか、日本舞踊を初めて見た人もきっといるはず。いいね!と感じてくれた人もいるはず。

 

ところが問題は多い。

会を維持するために、運営者の大変さがとても大きいという。

他の部門に比して、活動する絶対数が少ない上に、高齢者が中心の日本舞踊の業界。

参加者を呼びかけても集まらない、協会の負担金も重い、などなど。

 

やめてしまえばいい!ほかの団体に譲ったら!・・・などなど。

否定的な見解を持つ人もいると聞く。

 

されどしか〜し。

今の、目の前だけを見ていないで!

まとめる人たちの辛苦は確かに大きいだろう。続ける事の重要性も考えて。更なる協力を声高に叫んでほしい。

とにかく、芸術を維持していくのは平坦ではないはずだ。

 

お金がかかる現実。対応する人が少ない現状。理解されない悔しさ。自己犠牲?という言葉。

やめることは終わり。簡単にできるけど続きはない。


運営側でないから言いたいことばかりだが、こんな意見は私だけじゃあない。絶対そう思う。

 

 

 

 


夜桜乱舞を踊りましょう!

静岡まつりの夜桜乱舞。日本舞踊と並行している私の活動だ。

23年も踊り続けているのに、まだ知らない市民がなんと多いことか。

市民に周知してもらうためには、まず宣伝?

という訳で、市主催の産業イベントで踊ることになった。


インストラクターと参加連の人が、イベント広場の特設舞台に集合、合同でアピールした。

日舞とジャズの2パターンの踊りがある夜桜乱舞。お祭りでは圧倒的少数のため、目立たないのが日舞を踊る連だ。

今日は総勢19人(ジャズ連より多い!)で踊りを披露できた。

 

着物姿は好感度バツグン!

若い人だけじゃぁないのも、ゆっくりした動きの踊りも、近くで見ると好印象か?と勝手に解釈してしまう。

 

普及活動の一環。こんな機会を増やして多くの人に知ってもらう、お祭りに参加してもらう。

ずっと言われ続けて、活動を続けている。

 

夜桜乱舞、一緒に踊りませんか?楽しいよ〜〜!!

 

 


さくら組発表会は無事終了!

さくら組の日本舞踊発表会「艶姿、駿府のにぎわい」は、無事終了することができた。

小雨降る中、たくさんの観客が駆け付けてくれた。

11時開演から午後5時終演まで、長い時間本当にありがとうございました。

ここを通過点として、これからもさくら組らしい活動を続けていきます。引き続いての応援を、どうぞよろしくお願いします。

 

さて、既に1週間以上過ぎてしまった。

当日は勿論、翌週もあわただしく予定が過ぎて今日に至っている。

 

「藤泉会」のみんなは頑張った。

一つずつ経験を重ね、実績を積んで成長している。頼もしく、嬉しい限りだ。

当日の打ち上げには、反省の気持ちと共に決意、抱負が皆の口々から出て盛り上がった。

「おぬしたち、只者ではないな!」「なかなかの奴じゃ!」

爆笑と絶賛のひと時。楽しく宴も進んだ。

「これは、うかうかしてはおれぬ!」

 

楽屋入りからに続き、「何で、どうなってるの!」というほどのトラブルに振り回された一日。

終わってみれば ”ノーサイド”

みんな着替えてしまって、集合写真も取り忘れる始末。

出演者のお母さんが撮ってくれた貴重なひとコマ。

控室ではチョー楽しそう!  踊りの確認も、感心感心…!

腹も立ったが、昼食ぬきでお腹もすいた〜!!

 

 

 

 


台風の影響

大型で強い台風19号がやってくる、数日前から影響を心配する声が大きい。静岡県を通り・・・!と、台風の進路予想はずっと変わらない、心配だ。

被災しないよう準備を怠らず、在宅で台風の行方を追う一日。

雨は強い、台風も予報通りに伊豆半島に上陸! しかし、その後は思いがけない程静かに過ぎていった。

TVでは浸水被害やら、荒れる各地の様子も報じている。

これからの進路方面の方々のため、無事に通過してくれることを願っている。

 

 

12日〜14日は3連休で、イベントが盛り沢山だったが、中止が相次いだ。安全第一、台風の影響を考えたら当然の対応には違いない。

 

12日に予定していた、駿河区中平松「天羽衣神社」の”羽衣の舞”も中止になった。

夏休みから練習を重ねてきた11人の子供たちは、発表の場を失ってしまった。

19日に写真撮影をして奉納の舞に変えるとか。

しかしその日は、さくら組の発表会と重なり応援にいけない。

子供たちのハレの場に立ち会えない、残念で悔しい。

今年最後の舞台になる6年生のKちゃんは、1年生から参加してくれた。2人の姉と共に長い付き合いのお母さんに、お疲れさまの声もかけられない。

いろいろな場面で協力してくれた保護者や、多くの関係者の皆さんにもお礼を言いたかった。

 

でも今年で終わりではない。来年の夏休みには新たな気持ちでスタートし、これまでと同じように伝統を継承していく。

期待していこう。

 


増税まえに!

10月1日から消費税が上がる。軽減税率とかキャッスレス決済で5パーセント還元とか…、あらゆる情報が入り乱れている。

 

必要なものを必要な時に。

と考えるも、来月東京に出かける予定がある、じゃあ新幹線のチケットを購入しておこう!

静岡駅のみどりの窓口は、人であふれていた。

張られたテープに沿って人、人、外まであふれるほど。

 

エコパでのラグビー試合も控えたある日、外国人の姿も多い。会場整理に当たる駅員の丁寧な対応を目にしてうれしくなった。
今日、Y1は定期券の早期購入に出かけていった。

ささやかな節約(抵抗)の行動か。

 

必要な税金は堂々と主張、説明して理解を得るべきだ。国庫出金の行方が不明だらけ?だから疑心が生まれる。

国民としては、要求ばかりで目の前ばかりを見ていると、分からないことが山とあることに気づきにくい。

国民一人が負わされた借金の金額を、理解できているんだろうか???

 


<< | 2/129PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net