お問い合わせ 
 
           

満開の花の下、最高の夜桜乱舞!

6~7日の静岡市は最高気温24~25℃、駿府城公園のさくらは満開で今が見ごろ。

この週末に開催された「第63回静岡まつり」は、近年にないほどの好条件の中、楽しく無事に終えた。

大御所(徳川家康公)が家臣を引き連れて”花見”をした、という故事に倣って始まった静岡まつり。

時代衣装に身を包み、徒歩で、馬で、牛が引く蓮台に乗って進む。大御所さまが御台所、家臣らと駿府城下を練り歩くのが「大御所花見行列」

その大御所役に扮するのは間寛平さん(6日)

と沼津出身の若手俳優・磯村勇斗さん(7日=写真)

両日とも、沿道には多くの観客がスマホ片手に歓声を上げる。

寛平さんはユーモアたっぷりのトークで、磯村さんは凛々しい笑顔で観客に手を振って応えてくれていた。

 

花見の宴を盛り上げよう!と繰り出す市民総踊りは、夜桜乱舞(6日)と城下さくら踊り(7日)

参加の連は、それぞれに衣裳を凝らして楽しく踊りに熱中する。

JR静岡駅から北に延びる”御幸通り”が会場と化す。市役所や県庁がある大通りを占拠して踊る醍醐味もなかなか??

着物姿、袴を付けて、いなせに軽やかに法被姿で。

吾子を抱っこするパパも嬉しそう。

記念撮影する連は、それぞれ楽しく踊れた達成感が顔に現れている。

 

 


藤の花の開花宣言

玄関先にある”我が家の藤の花”が咲きだした。

藤の花期は5月が標準。だが、我が家の花はいつも4月初めに咲き始める。

今年も花房が伸び、さくらの開花宣言とどちらが早いか?なんて思っていた。

昨日、房の上部の花が開いているのを発見。

 

そこで”藤の花の開花”を宣言した次第。

 

ウフフ、満開はいつか?

さくらより長く楽しめるのは確実。

 

 

枝を広げて咲き誇る藤の花。

下の写真は過去のものだが、こんな風景もすぐそこまで来ている。


さあ!いよいよ明日から静岡まつり!!

いよいよ明日から静岡まつりが始まる!5日(前夜祭)〜7日まで。

天気予報では雨の気配はどこにもない! 気温も21℃。強風がチト心配だが、夜の寒さは心配ないかな?

さくらも満開になり、まつりの開催に申し分ない舞台設定だ。

駿府城公園などの会場では、テントの設営が急ピッチで進んでいる。

総踊りの夜桜乱舞は、公私ともに練習会は終了、あとは当日を迎えるのみ。

浅間神社の「廿日会祭」もすでに始まっていて、6日(土)はその山車も静岡まつりと合流してにぎやかになりそう。

とにかく楽しく祭りを楽しんでいきたい。

 

 


さくら咲いたか、祭りはまだかいな?

例年に比べ、桜の開花宣言が遅れている。

早ければ22日かも?と言われていたさくらの開花なのに。

東京は満開と発表された昨日は、静岡気象台の標準木にはまだ開花宣言が出なかった。

 

静岡まつりの会場となる市役所前や駿府城公園には、まつり提灯が揺れ、気分はウキウキなのに、背景がまだだ。

でも時間の問題だろう。5~7日の静岡まつりは、きっと満開のさくらが迎えてくれるだろう。

駿府城公園に出かけてみた。

最近に植樹された若木は、きれいな花を付けている。例年花見客でいっぱいの、大木が並ぶ場所はまだまだ蕾多しだ。

花がな~~い!でも待ちきれない人たちは、そんな中でも”花見客”になっている。

この日は風が強かったが気温は高め、若いママさんグループが多いかな?熟年層の姿もそこかしこに。

楽しんでいることは間違いなさそう、和やかな景色が広がっている。


さくらの開花予想は22日!

午後から雨も上がり太陽が顔を出す。早速洗濯物を外に・・・、ところが突然の雨、階段を駆け上がって取り込む。

今はまた明るい太陽が揚々と‼全く読めないこの頃。

チョット前の話。

伊豆のカワズザクラは、早い時期から咲くことで知られている。

七間町通りの支柱にカワズザクラの花枝が活けられた。

 

管理の方々の賜物でしょうか?

こんな枝が咲くの?って思っていたのに。

それは見事に開花して、通りの賑わいになっている。

通行人は足を止めて愛でることだろう。

 

パチリ!

早速、スマホの待ち受け画面で眺め楽しんでいる。

市中にさくらが咲き始めるのも近い。

どんな桜との出会いがあるか、も楽しみだ。

 

このところ暖かい日が続き、さくらの開花はかなり早そうだ。先ほど22日が開花予想日!と報じていた。

ええっ!思わず声が出てしまった。

4月5~7日の「静岡まつり」の頃は、完全に葉ざくらではないか。

”満開のさくらの下”っていう言葉が使えない、ちょっと寂しい。

 

自然には逆らえないが、おまつりが楽しいのはいつもの事。

今年も夜桜乱舞を中心に楽しみ、踊りたいと願っている。


夜桜乱舞の練習も最終段階を迎え、あと少しの間走り続けよう。
 

 


 


<< | 2/125PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

▲Top
copyright © 2005 kanhosen.net